移住のススメ

インドネシア駐在中の30代♂です。本業の傍ら細々と個人でも商売やってます。インドネシアでの生活を発信していくことで日本からの移住者のハードルを下げる努力をしています。インドネシア、住めば都でいいところ。

ジム遠征のススメ in Pantai Indah Kapuk。

 今回のジム遠征はジャカルタのPantai Indah Kapukという

金持ちチャイニーズインドネシアンが住んでいるエリアにある

Rai Fitness PIKに行ってきました。

インドネシアボディビルダー

アデ・ライさんという方のフィットネスジムです。

こっちで売ってるローカルのエナジードリンクかなんかの

イメージモデルもやっています。

id.wikipedia.org

在住者はよく知っていると思いますが、

西ジャカルタや北ジャカルタ

チャイニーズインドネシアンがたくさん住んでいるエリアとして知られていますが

なかでも今回のPantai Indah Kapuk(略してPIK)は

特に金持ちが多く住んでいるエリアです。

ですので当然しっかりとした教育を受けている人が多いせいか

基本的にモラルが高いように感じます。

前に行ったPARADIGMもそうだったけど

「使ったダンベルやプレートを元の位置に戻す」

という基本的なルールというか

暗黙の了解がわかっている人が多い。

こっちのトレーニーは

使ったら使いっぱなしで

ダンベルも重さがバラバラで置かれてたりします。

でもしっかりとしたジムだと

メンバーもその辺りしっかりしているので

後から使う側も気持ちがいいです。

 

それはさておき

とりあえずジムのレポートしておきます。

f:id:actafool048:20191202111504j:image

ジムはこの建物の5階に入居しています。

f:id:actafool048:20191201220914j:image

ジムのエントランスには

レーニング前後にゆっくりとできるスペースがあったりします。

奥のガラス扉の先には

クロスフィット系の道具が置かれていました。

f:id:actafool048:20191201221116j:image

f:id:actafool048:20191201221124j:image

メインのトレーニングルームは

全面ガラス張りなので

実際よりも広く感じます。

f:id:actafool048:20191201221225j:image

窓ガラスも大きくとっているので

そこからの眺めもなかなか良いです。

PIKエリアは背の高い建物が少ないので

ジャカルタ中心部よりも気持ちが良いですね。

f:id:actafool048:20191201221808j:image

どうやらこの建物に入居して一周年のようで

↑写真右側に

「一周年おめでとう!」

的なバルーンの飾りがありました。

 

今回ちょっと残念だったのは

併設されているカフェがリノベーション中で

利用できなかったことですね。

f:id:actafool048:20191201222009j:image

リノベーションが終わった頃くらいにまた来ようかな。

 

ビジター利用でRp. 150,000(約1,400円)だったので

妥当な金額だと思います。

もちろん、バスタオル・ハンドタオルは

無料で貸し出しているので

荷物も少なくて済みます。

これは地味に嬉しいですねー。

 

メンバーになる場合は

3ヶ月でRp. 1,500,000(約14,000円)だそうですので

これだけの設備でこの値段は

かなり安い方だと思います。

もしこの付近に住んでいたら

ゴールドジムとかセレブリティフィットネスとかより

断然良いと思います。

 

気になるのは、

このRai Fitnessはジャカルタのセノパティエリア

バリ島にも店舗があるんですが

自分が会員になった店舗でだけしか使えないようなので

ゴールドジムとかエニタイムフィットネスみたいに

全店舗で使えるようにしたら良いのになと思いました。

どうせ労力変わらないんだし🤔

 

トータルで5点満点中3.8点ってとこかな!