移住のススメ

インドネシア駐在中の30代♂です。本業の傍ら細々と個人でも商売やってます。インドネシアでの生活を発信していくことで日本からの移住者のハードルを下げる努力をしています。インドネシア、住めば都でいいところ。

杜撰な公共事業のシワ寄せは市民へ。

f:id:actafool048:20191120001853p:image

今日は朝から「さすがインドネシア」と思わされました。

朝起きて顔洗おうと蛇口ひねってもちょろちょろしか出てこず

「支払い忘れてたかなー」とか思いながら

歯磨きだけはウォーターサーバーの水で済まして会社へ向かいました。

それで会社の流し台で顔を洗おうと思ったら

会社でも水ちょろちょろ状態。

まさかと思ってメールをチェックしてみると、

工業団地管理会社からの連絡網で

断水のお知らせメールがありました。

その理由が

ジャカルターバンドン鉄道建設工事の際に、

クレーンがパイプに当たったことにより水が止まった”

とのこと。

工事が杜撰過ぎる。

つい1-2か月前は工業団地一帯で停電になったんですが

その時の理由も

“道路工事で電線掘り起こしちゃったテヘペロ

とかでしたからね。

 

幸い、今回の断水も

午前中には復旧予定という情報もあるので

(信用できるのかは不明)

帰る頃にはいつも通り水を使えるようになっているはず。

 

他の在住ブロガーの方も言っていますが

インドネシア(というか東南アジア?)の水道事情は

いまだに良くないです。

 

よく皮肉的な感じで

「日本は水道水が飲める」キリッ

「他の国でも~」

が1セットで言われたりしますが

 

東南アジアだったら現在進行形で水は飲めません。

 

もちろん例外はありますよ。

 

われらがチカラン地区の

「ジャバベカ」というエリアでは

浄水施設がしっかりしているのか

某日本企業が蛇口から出る水の水質検査をしたところ

「飲用可」のお墨付きが出たそうです。

※隣接するリッポチカランとは別の浄水施設のようです。

 

かといって、蛇口から出た水を飲めるか

と言われると躊躇しますが…。