移住のススメ

インドネシア駐在中の30代♂です。本業の傍ら細々と個人でも商売やってます。インドネシアでの生活を発信していくことで日本からの移住者のハードルを下げる努力をしています。インドネシア、住めば都でいいところ。

いきなりステーキがジャカルタに?

ジャカルタにもいきなりステーキのような

グラム数申告制のステーキ屋がありました。

 

場所は日本人街として有名なブロックM近くにあります。

店の名前は“J-Steak”。

店内やメニューなどに日本語が使われていたり

あたかも日本人経営っぽいですが

どうやら “Didiet Maulana”という

インドネシア人ファッションデザイナーがオーナーのようです。

ネットの記事を読むと

「日本のステーキショップに委任されて経営している」

みたいなことが書いてあったので

日本のいきなりステーキと正式に協力してやっているのではと思います。

www.fimela.com

(間違ってたらごめんなさい)

 

まぁ、誰が経営してようが関係ない。

一言。

ここはオススメです。

今回私は350gをオーダーしたのですが

1gあたりRp. 475(約3.65円)でしたので

Rp. 166,250(約1,278円)です!

f:id:actafool048:20191118180241j:image

それでこのボリュームですよ?

ジャカルタですよ?

ソースもめっちゃおいしいんですよ?

これは価格破壊というか、

周囲の店に喧嘩売ってるようなもんですよね。

 

店内はテーブル席がなく、

全席スツールのような足の長いイスだけで

狭いスペースでできるだけ人が入れるようにしています。

悪い言い方をすれば少々落ち着かないかもしれませんが

「ステーキなんて落ち着いて食うもんじゃねぇ。

パッと食って、サッと出るんだよ!」っていう

忙しいビジネスマンにはちょうどいい店です。

f:id:actafool048:20191118175601j:image

 

350gって案外あっという間に食べれてしまうので
次回行くときは500gとかチャレンジしてみたいです。

500g頼んでもRp. 237,500(約1,800円)ですからね。

2,000円超えてないってすごい…。

 

こういう優良店はいろんな人に知ってもらって

競争激しいジャカルタで今後も生き残ってほしいものです。

 

そしていつかはチカラン地区にも出店してもらえれば

常連になること間違いなし!

 

みんなでEat Meat!