移住のススメ

インドネシア駐在中の30代♂です。本業の傍ら細々と個人でも商売やってます。インドネシアでの生活を発信していくことで日本からの移住者のハードルを下げる努力をしています。インドネシア、住めば都でいいところ。

パワハラで賠償1,500万円⁈

f:id:actafool048:20191108014115p:image
今日、ご近所さんからこんな話を聞きました。

 

忙しい人の為に

3行で。

 

「とある会社の日本人上司によるパワハラ

警察に訴え出たローカルスタッフがいたようで

示談金で1,500万円相当を支払ったらしい。」

 

いやー、怖いっすな。

事の詳細は次のようなものらしいです。

 

とある日本企業で働く日本人駐在員(Aさん)が 

ローカルスタッフ(Bさん)に書類作成の仕事を頼んでいたようです。

書類作成が完了したBさんが

日本人上司Aさんに提出しました。

ところがその書類は指示した通りになっておらず

Bさんへ投げるように突き返したところ

Bさんはプライドを傷付けられた為か、

これをパワハラとして警察に届け出たようです。

この訴えを聞いた警察も

この会社が名の知れた会社である事を知って

当初Bさんが考えていた示談金よりも多い

1,500万円を要求してはどうか、と提案したようです。

この状況を聞きつけたAさんは

捕まっては困る、と

急いでインドネシアを出国したそうです。

しかしそれでは収まらず、

警察は

「Aがいないのなら、この会社の責任者を逮捕する」

と主張し、どうしょうもなくなってしまった会社は

仕方なく言い分通りに1,500万円相当の示談金を支払ったそうです。

 

これは大変ですよ!

何が大変って、これが前例になって

「こういう事例で金が取れる」ということが

チカラン、ブカシ、カラワン圏内の会社に知れ渡った場合

似たような事を起こそうとする

バカモノが出てくる可能性があるということ。

 

まぁ決してこのAさんの行動に

全く非がないかと言われれば微妙ですし、

日本で起こった場合でも

同じようにパワハラととられても

仕方ないと思います。

 

東南アジアでの仕事術を書いた本なんかでは

「現地人のプライドを傷付けると

復讐をされるから

人前で叱るような事をしてはいけない」

と、書かれているのをよく目にします。

 

確かにこれは現地でも色んな人が言いますし

自分も来イ当時は気を付けていました。

当時はインドネシア語のスキルが

自分の感情についていかない部分があり

「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ状態」でも

我慢するしかなかったわけです。

でも4年、5年と過ごしていると

言語が堪能になるにつれて

頭の中の辞書を開く前に

言語が口をついて出てきてしまうんです。

そうして出た言葉には冷静ではない感情が上乗せされていますので

うっかりNGな言葉になっていたりします。

 

これは現地生活が長くなってきて

初めて起こるモノだと思うので

ある種、長期滞在の弊害とでも言いましょうか。

 

つまり、言語も堪能になる程

やりとりが難しくなる部分もあるんだなぁ

というところです。

 

この記事を読んだ皆さん、

働いている方であれば

こういう事例が起こらないよう

気を付けてください。

旦那様を支える奥様方、

是非こちらの情報をシェアして頂き

転ばぬ先の杖として

ローカルスタッフとの接し方について

改めて注意を促して下さい。

 

それでは皆さん、ご安全に!