移住のススメ

インドネシア駐在中の30代♂です。本業の傍ら細々と個人でも商売やってます。インドネシアでの生活を発信していくことで日本からの移住者のハードルを下げる努力をしています。インドネシア、住めば都でいいところ。

(書くネタ)仕上がってるよ!

f:id:actafool048:20190829233721j:plain

昨日投稿した記事が、ありがたいことに今までで一番たくさんの方に読んで頂けたみたいです。
皆さんありがとうございます!
今まででとは言ってもまだブログ開設して1ヶ月も経っていないので
日々新記録更新するぞ!くらいの気持ちで毎日書けよと自分に言いたいくらいですが
書くネタもないし新しいことを習慣にするまではまだ時間が掛かりそうです。

ただ明確にわかった事は、みんなダイエットとかボディメイクに関心があるんだなって事ですね。

そりゃそうだわ。

インドネシアもようやくMRTが完成して公共交通網が今後拡充されていくとはいえ
現状ではまだ庶民の足には程遠いし、当分は「車+運転手さん」っていう生活は変わらないでしょうね。

シンガポールみたいな便利な街なんて夢のまた夢。

それこそカリマンタンに首都が移された頃くらいにようやくってレベル?

つまりは今後も慢性的な運動不足に悩まされる事は間違いないと。
だからこそ自発的に運動する習慣や毎日の食事に気を遣わざるを得なくなるでしょう。
でもこの「自発的に」っていうのが難しいからこそ、ライザップの「誰かが尻を叩いてくれる」ようなパーソナルトレーニングが流行ったりもするんだろうと思います。

在住者の方にはもう十分知られていると思いますが、インドネシアにもライザップ系のパーソナルトレーニングジムがありますからね。

私自身はあーいったパーソナルトレーニングを受けた事はないのですが、
あーいうビジネスが成り立っているという事はそれなりの理由があるんでしょう。

ただライザップ関係の情報をメディアで見ると、やはり肝となるのは「糖質制限」なようですね。

どちらかというとトレーニングよりも、食事制限がきついんだろうと思います。

私もケトジェニックダイエットという厳しめの糖質制限はつい最近までやっていましたので
その効果は身を以て体験しています。

はっきり言ってトレーニングはやらなくていいですからね。
ケトジェニックダイエットさえやっておけば。

レーニングも加えるとより効率が良くなるといった話なだけで。

きっと誰でも1ヶ月で3-4kgは痩せられますよ。

もちろん、ダイエットを始めた当初の体のコンディションによるとは思いますが
最低でもダイエット開始時の体重の5%は間違いないでしょう。

というかそれ以上はちょっとお勧めできないというか、筋肉を減らして体重を落とすことにつながるのであまり意味がないかと。

日本ほど食の選択肢が少ないインドネシアとはいえ、結構やれる事は多いので
その辺りも情報発信していきたいですね。

インドネシア関係なくなりますが、ボディメイクやダイエットにオススメなスマホアプリなんかもありますからね。

あれ、結構書くネタあるじゃん。

ビバ☆フィットネス