移住のススメ

日系企業にてインドネシア駐在中の30代男です。本業の傍ら細々と個人でも商売やってます。インドネシアでの生活を発信しています。インドネシア、住めば都でいいところ。

一石四鳥以上。

インドネシアの来年度賃上げのパーセンテージが決まったようですね。

今回はコロナ禍で多くの企業が業績に影響が出ています。

 

国家間移動がほぼ不可能となったことで

航空業界は大変な状況であることは周知の事実ですし

観光で外貨を稼ぐような地域では

ホテルやその他娯楽施設などが閉鎖されるなど

そういった業界で働かれている方たちにおいては

直接的な影響が出ています。

 

今回のコロナ禍によって

悪影響の出ていない業界の方が少ないような有様で

インドネシア政府もそのあたりを考慮したのか

10月時点では多くの州で2021年度分の最低賃金は

据え置きとするなどの報道がされていました。

私の住む西ジャワ州も最低賃金据え置きの方針を取っていました。

個人的にも一安心かなと思っていたのも束の間、

州内の県・市別の最低賃金が先日発表されたのですが

その数字なんと6.51%の上昇とのこと。

 

結局賃上げすんのかい。

この上昇率だとチカラン近辺の会社だと

一人当たり概ねRp. 290,000(約2,100円)前後のベースアップ。

こんな状況で賃上げするとか、どっからその金持ってこれるとお思いで?

ジャングルの奥地に本当の意味で“金の生る木”があるのかも?

ただでさえ撤退する外国企業増えているのに

一度上がった最低賃金って下げることは難しいだろうから

ここは一旦様子見でもよかったのではと思う。

 

外国人でなおかつ経営側というポジションで働いている多くの日本人はこう思うでしょうけど

インドネシアからするとこれが自身の国で商売をさせる条件なわけですもんね。

それにインドネシアには国内企業だって星の数あるわけで

決して外国企業にのみ課す条件というわけでもない。

 

最近可決されジョコウィ大統領も署名したオムニバス法も

外資誘致法などと呼ばれていてインドネシアへの外国投資の

門戸を広げようとしています。

そんな中で今回のような賃上げがされると、

国としてやりたい事の方針がぶれている

と思う人もいるかもしれません。

 

ただ私が思うのは

やっぱりインドネシアはジャワ島、特にジャカルタも位置する

西ジャワ州近辺の一強状態を何とかしたいんだろうということです。

知っての通りインドネシアは群島国家で

島によって教育格差やら経済格差やらものすごいそうです。

もっとも発展していると言われているジャワ島内だけで見ても

地域によってその賃金は大きく異なります。

さらに言うと、西ジャワ州という地域内でもすごい格差です。

今回の賃上げは、上に挙げていた通り

“県・市別”で賃上げするかしないかの決定が委ねられていました。

ではこの西ジャワ州内の2021年度最低賃金を見てみましょう。

 

カラワン県
 Rp. 4,798,312
ブカシ市
 Rp. 4,782,935
ブカシ県
 Rp. 4,791,843
デポック市
 Rp. 4,339,514
ボゴール市
 Rp. 4,169,806
ボゴール県
 Rp. 4,217,206
プルワカルタ県
 Rp. 4,173,568
バンドゥン市
 Rp. 3,742,276
西バンドゥン県
 Rp. 3,248,283
スメダン県
 Rp. 3,241,929
バンドゥン県
 Rp. 3,241,929
チマヒ市
 Rp. 3,241,929
スカブミ県
 Rp. 3,125,444
スバン県
 Rp. 3,064,218
チアンジュール県
 Rp. 2,534,798
スカブミ市
 Rp. 2,530,182
インドラマユ県
 Rp. 2,373,073
タシクマラヤ市
 Rp. 2,251,787
タシクマラヤ県
 Rp. 2,251,787
チレボン市
 Rp. 2,271,201
チレボン県
 Rp. 2,269,556
ガルット県
 Rp. 1,961,085
マジャレンカ県
 Rp. 2,009,000
クニンガン県
 Rp. 1,882,642
チアミス県
 Rp. 1,880,654
パンガンダラン県
 Rp. 1,860,591
バンジャール市
 Rp. 1,831,884
 

と合計27地域が集まって“西ジャワ州”となっています。

州内でも有数の工業団地を抱えるカラワン県やブカシ県と

バンジャール市の最低賃金の差なんと

Rp. 2,900,000(約21,000円)超!

こう見ると一言に“西ジャワ州”と言っても

ひとまとめに出来るような地域差ではないんですね。

そしてこのカラワン県、ブカシ県には

我らが日系企業が多く拠点を構えています。

なかでもやっぱり特筆すべきは

日の丸製造業の要である二輪・四輪産業ですね。

こういった製造業は労働集約型産業ですので

大量の労働力が必要となり支出に占める人件費の割合もなかなか。

そうなると1人当たりで見たら少額に見えても

全従業員で見た場合に驚く程コストが嵩んでしまう。

そうなると企業は他の国に目を向けてしまうのは当然のこと。

 

でもきっとインドネシア政府は

「撤退するより安く済むんだから甘受しろよ。

じゃ今後も納税と雇用よろしくな」

ってなスタンスなんでしょう。

上手くいけば賃金の安い地方に拠点を移動してくれるかもしれないし。

最悪、国外に出ていかれなければいいやくらいの感じでは。

新しく進出してくる企業にはオムニバス法の恩恵を与えながら

最初からまだ賃金の安い地方への進出を促す。

 

インドネシア政府の対応は

雇用を増やしたいし

地域格差を減らしたいし

外資を呼びたいし

大きい企業には出ていってほしくないし

Etc…

という一石二鳥どころか三鳥も四鳥も狙っているような気がしてならない。

良く言えば非常に狡猾に外資企業を利用しているともいえる。

(良く言ってない?)

チケットの手配はお早めに。

f:id:actafool048:20201116000910j:plain

年末、私はバリに行く。

ビーチが私を呼んでいる。

 

ということで、本日はスナヤンシティ内にある

ガルーダインドネシアのカスタマーサービスカウンターで

飛行機チケットの予約をしに行きました。

仕事すらリモートになる今のご時世で

なぜわざわざカスタマーサービスへ行くのかって?

そりゃ私も行かなくてできるなら

家のソファに寝転がりながら予約したいですよ。

でもできないんです。

なぜなら今回はガルーダインドネシアの

チケットクーポンを利用して予約をしたかったんですが

なんとクーポンはカウンターに直接来ないと利用できないんです。

なんなのこの不便さ。

これ、ガルーダに河野大臣みたいな人いたら

速攻で改善へのプレッシャー掛けられるような案件ですよ。

 

まぁ文句を言ってもしょうがないので

買い物がてらジャカルタへ。

道もまだまだ空いてますね。

チカランから1時間掛からないというのは

本当に快適すぎる。

 

あっという間にジャカルタついて

スナヤンシティへ直行。

朝早く出たのでカウンターでの順番待ちもなし!

早速希望の日程をカスタマーサービスに確認したところ

行きの便(30日)は午前出発希望で

4つくらい便があったので

宿チェックインの時間にちょうど良さそうなものを選択。

そして帰りの便。

希望は1月2日。

カスタマーサービスからの返答、

「Habis pak(空席ありません)」。

 

あらら、ちょっと遅かった。

仕方ない、年末年始の休みいっぱいバリにいるというのも悪くない。

次の日の4日からいきなり仕事でしんどいかもしれないけど

まぁ気合いで乗り切れる。

それじゃ気を取り直して3日の便で検索。

カスタマーサービスからの返答、

「Habis pak(空席ありません)」。

 

マジ?

やっぱり年末年始はみんなバリに殺到?

行きはあるのに帰りがないなら結局行けないじゃん😭

色々と会社の事情などもありLCCを利用するのが難しいので

選択肢はガルーダだけだったのに😰

念の為、ビジネスクラスを聞いてみると

ビジネスはまだ空席あり。

しかし、帰りの便だけビジネスにするだけでも

Rp. 9,000,000(約66,000円)近くも値上がりする。

これはちょっと流石に考えてしまう。

バリには行きたいけど、プラスされる額が大きい...😭

半分諦めかけましたが、

よく考えると直行便じゃなければあるんじゃね?と。

それをカスタマーサービスに聞いてみると...

「Ada pak, transit Jogja」

あるじゃねぇの!

いや、カスタマーサービスならそこんとこも提案して下さいよ!

危うくレバランに引き続き年末も

陸の孤島ことチカランに取り残されるところでした。

 

私以外にも年末をバリ島で過ごそうとされている方多いと思いますが

みなさん、チケットの手配はお早めに。

パクリと軽く断ずるなかれ。

f:id:actafool048:20201103001006p:plain

どうも久しぶりのブログ更新です。

Twitterを始めてからというもの

わざわざブログで投稿する程でもないことを

ちょこちょこ吐き出すことができるせいか

最近のブログ更新頻度が激減しているような気がする。

 

とは言え個人的には新鮮な話題も特にないので

先月から今月にかけて副業のマンガ喫茶に補充した

話題のマンガについてコメントします。

 

只今、話題沸騰のマンガ“鬼滅の刃”ですが

ようやく当店でも最新刊まで揃いました。

次の23巻が最終巻となるので次が待ち遠しいです。

 

十分話題になっているので今更ですが

まだ知らないという人の為に↓↓

ja.wikipedia.org

 

この鬼滅の刃ですが、

集英社ジャンプの掲げる古くからの三原則である

“努力”“友情”“勝利”がしっかり含まれていますね。

(この順番にピンとくる人はラッキーマンが好き)

主人公の修行パート、序盤からの仲間2人との助け合い、

そして勧善懲悪。

これ以外にも今までジャンプでヒットしてきた

マンガの要素もしっかりおさえています。

例えば、敵側の鬼が鬼となってしまったことの経緯なんかは

最近のマンガでも頻繁に描かれる“敵側のストーリー”を作ることで

主人公側だけでなく敵側にも魅力を作っています。

そして基本的に不細工な見た目のキャラは

鬼になった経緯もゲスだったり薄っぺらかったりするのは

北斗の拳の時から変わってないなーという印象です。

(同じ敵側でも不細工なジャギは元からゲスで

イケメンのサウザーは元はいい奴だったみたいなキャラ設定)

 

他にも主人公側、敵側の両方のボスが完全に真逆な描かれ方をしているのも

対比が利いていて善悪がはっきりしています。

主人公側のボス

部下思いで組織の為なら自分の命も厭わない

敵側のボス

部下を駒として扱い気分次第で組織も半壊させる

 

それから今までのジャンプマンガでヒットしてきたものには

“日本刀”が武器として使われるっていうのも要素の一つですね。

これはもしかしたら海外での人気を高めることに

視野を置いてからの流行かも知れませんが

最近のマンガでも頻繁に日本刀が出てきますよね。

“BLEACH”しかり“るろうに剣心”しかり“ONE PIECE(のゾロ)”しかり。

上のマンガですが、「最近の」と言うものの

チョイスに若干の加齢臭が漂いますがお察しください。

 

このように今までのジャンプマンガで培った

人気が出るマンガの要素をてんこ盛りにしたマンガなので

バンドワゴン効果を抜きにしても人気でただろうなと思います。

マンガ喫茶Baca Bacaでは陳列を開始した新刊は

1カ月間はレンタル不可となっています。

今回挙げた鬼滅の刃は

12月からレンタルできるようになりますので

興味のある方は是非当店にご連絡下さい。

https://www.instagram.com/baca_bacajapanesebookcafe/

土曜は肉の日。

土曜は肉の日。

いや、何曜日でも肉の日でいい。

 

先週土曜日、ジャカルタのウルフギャングに行ってきました。

ウルフギャングと言えば日本にも数店舗を構える

アメリカ発のステーキ店です。

そしてここインドネシアのジャカルタにも店があります。

ロケーションはビジネス街として知られるSCBDエリアの

ÉLYSÉE6階ルーフトップ。

本当はPSBB2開始直前位に行こうとしたのだけど

ちょうどいい日に全く予約が取れず。

それが伸びに伸びてようやく先週。

 

店の入り口はこんな感じです↓↓

f:id:actafool048:20201019174724j:image

入店前には当然体温チェックなどもやります。

 

今回私は屋外のテーブルを予約したので

食事中の先客の間を抜けてそのまま外へ。

客層は明らかな金持ちって感じの人ばかりでした。

小綺麗な格好をしたインドネシア人が多く、

Tシャツ・ ジョガーパンツで行ってた自分はちょい浮いていましたね。

 

案内された席は4-5人が座ることができるくらいの

屋根付きソファー席。

男2人で来るには上等過ぎる雰囲気。

周りにはカップルとド富裕層丸出しなドレスをお召しの

インドネシア人女子会グループ…。

 

気を取り直してメニューを眺めるも

全体的に高い高い。

ただしステーキハウスに来たのに

ステーキを食わずに外には出られない。

そして頼んだリブアイステーキ。

f:id:actafool048:20201019174628j:image

f:id:actafool048:20201019174651j:image

700g。

デカイ。

ステーキを最後に持ってこられたので

友達のリトルストマックは1切れ食べてギブアップ寸前。

肉好きですがこのボリュームにはさすがに圧倒されました。

 

今は短縮時間営業のようで

20時にはラストオーダーとなります。

ステーキが出てくる前にラストオーダーを聞かれたんですが

危うく追加で何か注文するところでした。

 

最後に気になるお会計がこちら↓↓

f:id:actafool048:20201019174609j:image

これは私のような一般人が

ホイホイ行けるような金額ではないですね。

これに懲りてもうしばらくは肉はいいかな…。

やっぱり何曜日でもよくなかった。

インドネシア、金しだいコネしだい。

f:id:actafool048:20201015204500p:plain

先日、会社の従業員から金に関する相談がありました。

「会社からお金を借りることはできませんか?」とのこと。

うちの会社(本業の方)は今、受注が減っているわけではなく

有難いことに前年度よりも売上も利益も上がっています。

ですので社員の給与も変わらず(むしろ昇給してる)ですが、

そんな状況で金の相談とはいったい何があったのか。

 

話を聞くとどうやらその社員の娘さんが来年から中学生になるようで

その中学校(私立)の入学資金に充てたいとの事。

元々その社員は今年の11月に定年退職の予定であったけれど

数年前に改正された労働法に則って

会社規則の定年年齢を58歳に引き上げました。

それによって定年退職で受け取れる退職金支給年が

先延ばしになってしまった。

退職金の一部も入学金に充てるつもりでいた為、

ここにきて資金が足りなくなってしまったというわけです。

当該社員は非常によく頑張ってくれているので

特例として貸し付けを行うことにしました。

 

ただ気になるのが、

この社員もかなり頭の切れる人なので

なぜそこまで現金が手元にないような

そんな厳しい状況になるものなのかと疑問に感じましたが

やはりそこにはインドネシア特有の事情がありました。

 

それは入学金の金額です。

なんと驚きのウン百ジュタルピア…。

入学金だけでですよ?

インドネシアの学校ももちろんピンキリなので

そういう学校もあるでしょうが、

まさかそんな高額な入学金が必要とは…。

 

そんな学校に通わせる親の考えはズバリ

“コネクションづくり”の為だそうです。

それもそのはず、そのような学校には

政治家や大企業幹部のお子さんたちが

ゴロゴロいるそうです。

漫画”花より男子”レベルの世界かも。

 

インドネシアにおいて教育機関とは

上等な教育を与える場所ではなく

将来の為のコネクションをつくる場所である、との事。

確かに、そういう友人達と多感な時期を過ごしていれば

その後の人生においてきっと助けになるでしょうからね。

 

未だコネクションがモノをいう国ですので

このような先行投資も頭に入れなければいけないとは…。

インドネシアで子育てするのってハードなんだなぁ。

河野大臣のツイートについて。

f:id:actafool048:20201014233152j:plain

本日、河野行政改革大臣のTwitterにて

インドネシアがフィーチャーされていましたね。

 

その話題のツイートがこちらです。

 

そんで今日のうちにこれ。

 

河野大臣、行動力すご過ぎない?

というか河野大臣程Twitterを使いこなしている大臣って

未だかつていただろうか。

そして河野大臣の性格と今の行政改革大臣って言うポジションの

親和性が高過ぎると感じる。

良くも悪くも空気を読まずに自分の信念の下に仕事していらっしゃるので

今回のようにおかしいと思うところがあれば

「え?なんでそんなことになってんの?」

って突っ込んでくれるところは、

国民としては本当に頼もしい限りです。

 

ただ、私個人としては

今まで大使館に対して憤りを感じることがなかったので

今回の件に少し驚きでした。

むしろ、パスポートの更新でお世話になった時(4年前くらい)は

窓口で対応して下さった日本人の女性が

ものすごく丁寧且つ的確な対応で好感を持ったのを覚えています。

そもそもパスポートの更新程度のことですので

あれやこれやの複雑な手続きも特にないのはわかっていても、

この“ごく普通の対応”が如何に貴重なものなのかというのを

久々に改めて思い知らされたわけです。

その時は「さすが治外法権!行政サービスまで日本品質!」

と感動したものですが、今回の顛末を見ると

やはり粗いところはあったということですね。

やはり人がやる以上、その差は出てしまうということです。

 

先の毒酒の件での流通ルートに関する情報開示もしなかったし

今回のメールの件も河野大臣の目に留まったからようやく見直しとか…。

大使館、もうちょっと頑張ってほしいもんです。

二重苦インドネシア。

今週は一週間ほとんど丸ごとデモで大荒れですね。

インドネシア各地で行われていた今回のデモは

先週のオムニバス法を不服とする労働者のデモのようです。

特に今日はひどかったですね。

SNSの投稿を見るだけでしたが、

ジャカルタ、燃えまくってました。

 

ところでこの新法、たくさんの国民が騒いでいますが

実際の中身を理解した上で騒いでいる人というのはどれくらいいるのでしょうか。

ほぼ100%の人があまり理解していないけど

とりあえず騒いどけみたいな感じなのではと思います。

もちろん、私もよく理解していないです。

だってこの新法、合計1,000ページ以上もあるそうですので

インドネシア国内で内容理解している人って何人いるの?って話。

 

そこでこちらJakarta Postがまとめたオムニバス法の話↓↓

www.thejakartapost.com

 

このオムニバス法、ほとんどが雇用促進に関わるものだそうです。

ざっくり訳すと、

"Amdal(環境影響分析)を必要とする事業活動の環境基準の大幅緩和。

Amdalを必要とする事業活動を行う地域の周辺住民は不服申し立てができなくなる。

Amdalに環境分析専門家が不在となる。

建築における要件・免許の多くが廃止。

事業活動の許認可におけるBKPM(投資調整庁)の役割強化。

事業許可証の発行を合理化。

ほぼすべての事業許可手続きの簡素化。

ネガティブ投資リストから外国投資を禁止する規定がなくなる。

退職金の減額。

外国人の雇用促進。

新興企業の外国人労働者は労働許可廃止。(VISA免除?)

事業のアウトソーシング促進。

労働集約型産業は地域別最低賃金を遵守する必要がなくなる。

(各州知事が賃金の計算方法を決める)

レイオフの理由に異議を唱える訴訟が不可となる。

レイオフを受けた労働者のセーフティネットとして

BPJSに新プログラムが追加される。

中~大企業はオムニバス法施行後1年以内に従業員へ勤続年数に応じたボーナスを支払う。

ビジネスライセンスの完全廃止はなくとも、地方政府の役割は弱まる。"

※2020/10/16追記

このうちのいくつかは既に削除されているようですので

最新のオムニバス法とは異なる内容があるようです。

 

なんかいろいろとよくわからんですけど

おもしろいのが

“中~大企業はオムニバス法施行後1年以内に従業員へ勤続年数に応じたボーナスを支払う”

って部分ですね。

事業者に対しては規制を緩和する為の代償を支払わせ、

労働者へはアメを与える。しかも政府の金ではなく、事業者の金で。

この臨時ボーナス、通称“Sweetener”…。

 

そしてやはり気になるところは、我々外国人がインドネシアで生活する上で

どのような変化が出るのかというところでしょうか。

例えば“外国人の雇用促進”というところで見ると、

今までは外国人禁止であった観光ガイドとかも外国人ができるようになるのかな?

そうなった場合、現行の観光業界からはかなり反発があるだろうけど

それを補って余りあるくらいの価値提供ノウハウは持っているはず。

 

なんにしても、今回のオムニバス法は

外資がインドネシアへ投資しやすい環境を作る為のもの。

外国からの投資が増えれば外国人も(日本人も)増えて

日本人向けのサービスをやっている自分の店にも良い影響が期待できるので

是非とも推進お願いしたいです、はい。

 

誰かのツイッターで呟かれていた、

「インドネシア政府に文句を言っても無駄。

政府に期待しないで自分の頭を使って頑張る方が良い」

っていう言葉を目にしたのを思い出しました。

 

うん、今こそまさにその時なのでは?