移住のススメ

日系企業にてインドネシア駐在中の30代男です。本業の傍ら細々と個人でも商売やってます。インドネシアでの生活を発信しています。インドネシア、住めば都でいいところ。

ベビーブーム in Indonesia。

f:id:actafool048:20200612194332j:plain

先月のニュースなのでタイムリーではないですが

個人的にはタイムリーなネタだったので

コメントさせてもらいます。

www.afpbb.com

先日、本業で仕事中に

インドネシア人総務部長から話があると言われました。

わざわざ別室に呼び出されたので何かと思うと、

どうやら従業員の女の子が数人妊娠しているとの事でした。

うちの会社は全従業員20名以下の中小企業なのですが

8割ほどが女の子です。

(東南アジアあるあるですが

男は怠けたり備品盗んだりするので)

 

そんな状態なので

数名が同時に妊娠して産休に入ったりすると

結構慌てちゃうんですよね。

こういうのを考えると8割女の子という状況も

考えものなのかなと思ってしまいます。

 

コロナ禍によって出て来たこのような影響は

世界的にもこういう状況になっているのか?

と思いちょっと検索してみると

関連する記事がいろいろ出てきました。

その中で気になったのはこちら。

news.so-net.ne.jp

コンドーム世界最大手メーカーが、原料の調達難に陥り製造減。

供給が滞った結果、世界的にコンドーム不足になるということですね。

こちらの記事はインドネシアではなくインドの事だそうですが

外出禁止発令以降、コンドームの売上が25-35%増したそうです。

これはなかなか驚異的な数字ですよね。

記事では日本のオカモトと相模ゴムについても触れていました。

4月6日付でオカモトが6%、相模ゴムが4%の株価上昇とありましたが

その日の日経平均自体が4%程上がっていたので

ここでわざわざ記事に載せるようなものではないと思います。

この記事が書かれたのは4月9日ですが

オカモトは4月30日前後からガクッと下がって以降

現在まで値を戻していません。

 

これが何を意味しているのか。

このコロナ禍において

“日本人は避妊をしない”

と考えられているのか

それとも

“家にいたところでセッ◯スしない”

と考えられているのか。

分かっているのは、

“コンドームが必要とされない”と思っている人が

多数いるということだけ。

 

すごくいい方に考えると、

今回のコロナ禍によって

リモートという働き方がスタンダードとなった。

そして共働きの夫婦でも子育てをしながら

仕事を続けるという選択が容易となった。

その結果、子作りに励むようになり

その副作用としてコンドームが売れなくなった。

となれば日本の未来は明るい。

給付金もらうのもタダじゃない。

在外邦人への給付金について、

いろいろ情報が錯綜しているようですが

おそらく給付はされないか

給付されない人が大半でしょうね。

 

理由は簡単、

「だってみんな選挙行かないじゃん」

って話。

pattayaja.com

こちらの記事を参考にしていますが

こんな事が書かれています。

約100万人の有権者が海外にいるにもかかわらず、

在外選挙人名簿の登録率が低く、

その登録をしているのがわずか10万人程度。

そして2017年の選挙で投票した人は、

わずか約2万人しかいない。

これは海外在住の有権者数をベースに見ると、

投票率はわずか2%程度しかなくなってしまっている。

在外邦人の投票率、驚きの2%!

当然、この数字には含まれない投票もあると思いますが

それはあくまで誤差程度でしょう。

例えば、日本一時帰国の時にたまたま選挙期間中で

ついでに投票してきたなんて人は少数であるはずです。

少なくとも選挙の為だけに日本一時帰国なんてしない

という考えの方が一般的だと思います。

 

政府に失望した!とか言う前に、

まずは胸に手を当てて思い返してみてください。

海外在住のあなた、在外選挙行きました?

 

在外邦人が頑張っているおかげで

外貨を稼げてる!とかって話はさておき

政府としては選挙行かない人に対して

いい顔するメリットがないんですよね。

 

だから今回の10万円給付金についても

投票してくれない人たちに税金使うよりかは

投票してくれる人に税金配った方がいいに決まってるじゃないですか。

ただでさえ、毎年海外へ移住する人が増えているんですよ?

f:id:actafool048:20200611193656p:plain

"在外邦人人口推移 出典 外務省"

目を向けてほしいのであれば

投票することですよね。

誰にとかどこにとかではなく、

海外に住もうが日本の政治に関わる一員である

という意思表示の為に投票へ行くべきです。

 

困った時の神頼みよろしく、

困った時の政府頼みはそりゃ通じないですよ。

期待するのであれば

日頃からそのための責任は果たさないと

フェアじゃない。

Minta terus(欲しがってばかり)は通用しない。

 

今回のようなこともあるんで

今後は皆さん選挙行きましょう。

海外に住んでいるからって

日本の政治は自分に関係ないっていうスタンスだと

いざ問題が起こった時にどれだけ声を上げても

誰も聞いてくれません。

 

もし今回、最終的に給付されたなら

今まで行っていなかった人も

投票行きましょう。

給付されなかった人も

自分たちに目を向けてもらえるよう

投票行きましょう。

政治はよくわからないという人も、

「どの政治家も一緒だ!」という人も

投票行きましょう。

選挙には白票というのがあるので

誰の名前も書かずに投票できます。

投票に行かないことと、

誰にも票を入れないことは別です。

 

飲み会の出欠確認をしてて

毎回まったく返事すらしない人がいたら

いつかはその人に声掛けるのもやめますよね?

参加もしないし呼びかけも毎回無視してる人が急に

「なんで誘ってくれないんだ!」

って言ってきても困っちゃいますからね。

プライドは命より尊し、だそう。

f:id:actafool048:20200609202648p:plain

Twitterで見かけたツイートでこんなのがありました。

当地でのパワハラについては

以前記事を書いたことがあります。

www.iju-no-susume.com

上のtweetでは

金ではなく命で償わせようとする輩がいたということです。

 

もちろんパワハラとかはない方がいいですよね。

実際、私も前職でパワハラらしきものを受けて

精神的に参っちゃった時がありましたので

逆の立場になった今、

そういう指導はしないようにと自身でも心掛けてはいます。

 

でもこれ、

人前で叱る上司よりも

「みんなの前で叱られた…よし、あいつ殺そう」

ってなる部下の方がおかしいでしょ、常識的に考えて。

 

海外旅行で犯罪被害にあった人に

「油断してるお前が悪い」って言うくらい理不尽過ぎる。

物を盗まれたら盗んだ奴が100%悪いし

殴られたら殴った奴が100%悪いだろ。

(正当防衛は別として)

 

「プライド傷付けるようなことしたらダメだよ。

そりゃ殺されて当然じゃん」

って、世の中恐過ぎるだろ。

 

まぁ、私がどう思うかとか

動機がどうとかは一旦置いといて、

金渡すから誰かを殺してくれって事例は

思いの外、結構あるようです。

 

でもそれはインドネシアに限ったことではなく

おかしい人は世界中にいると思いますし

日本でもきっといると思います。

以前、ネットニュースで見た記事にはこんなのがありました。

www.afpbb.com

中国では殺人依頼の下請けの下請けの下請けの下請けまでいって

最終的に依頼を受けた人間が

割に合わない報酬だと考え、ターゲットとグルになろうとしたところ

ターゲットが警察に通報した結果、関係者全員逮捕という話です。

落語みたいな話ですね。

 

件のツイートでは40万って書いてありましたので

多分Rp. 50,000,000(約40万円)くらいだと思います。

この数字、こちらの最低賃金とかを考えるとなかなかリアルですね。

この金があれば弟、妹に大学へ行かせてあげられるとか

田んぼが買えるとかを考えると、受ける人はいるだろうな。

※インドネシアの最低賃金は約3万円前後です。

久しぶりに外出る人、油断しちゃいけない。

PSBB(大規模社会的制限)がいよいよ明日4日には解除されるようです。

これは大感染祭りの予感...。

※PSBBというのはロックダウンほどではありませんが

いろんな行動が制限される中国ウイルス感染拡大防止政策です。

このPSBBというのは4月10日から始まっていて

約2ヵ月弱続けられました。

この期間中は厳しいところですと会社の稼働停止など

ほとんど家の外に出られないような状態が続いていたせいで

きっとストレスが溜まっている人が多くいるはずですので

ここぞとばかりに思い思いのストレス発散をするのではと思っています。

感染状況は一向によくなっている兆しはないにもかかわらず。

 

私の住むチカランエリアなんかも

なにやらカラオケなども

今週末から再開されるだかなんだかとの噂です。

おじさま方、夜の経済回復に貢献するのは程々に...。

 

ただ正直、あまりみんな期待していないというか

あまり信じていない人も多く感じます。

それもそのはず、見るニュースによっては

"PSBB延長"とか書かれていたり

"4日に解除"とか書いていたり。

かと思えばその情報元の記事が削除されてたりとかで、

一体なにを信じたら良いのやら。

政府が迷走しているのか

メディアが振り回されているのか。

 

ただ、他の国のように

感染が治まって来たから解除というわけではなく

どちらかというと"集団免疫獲得"を期待するような方針の下、

今回のPSBB解除という気がするので

インドネシア政府の今回の対応で

評価できるような動きはなかったなと思います。

 

ニューノーマルとかいうのも

役人が小遣いを徴収するための口実として

悪用されるんじゃないかと軽く予言しておきます。

 

ともあれ、大手を振って外に出られるというのは

やはり楽しみです。

これでこそ人間社会。

インドネシア高速鉄道、結局どうすんの?

f:id:actafool048:20200531202452j:plain

なにやら日本のニュースで

インドネシアの話題が出ていたようです。

www.newsweekjapan.jp

 

リンク先でも書かれていますが

例の"いわくつき"高速鉄道の件ですね。

(先に言っておくと、このニュース自体は

あまり鮮度の良いものではないです。

このYoutubeの投稿日を見ても3月とかの話なので

Newsweekがなぜ今更この話題を持って来たのかは謎ですが)

これ、2015年に中国に落札が決まった時は

ネットやらリアルやらで

「絶対完成しない」

とか

「事故起こる」

 

とか色々言われていました。

取引先に訪問した時なんかは

必ずと言っていいいほど出て来た話題の一つでした。

どうやらこの件、大方の予想通りの方向に向かいそうです。

 

そもそもこの計画は

日本も官民挙げての肝入り事業だったようです。

中国が競争入札に参加表明するだいぶ前の2008年から

インドネシアに対して新幹線の導入をプッシュしていたので

かなりの費用を掛けていたことは想像に難くない。

 

にも関わらず、最終的には

中国案に乗っかったインドネシア政府。

これはインドネシア政府の判断ですし

競争入札形式である以上、

提案する側がいくら準備をして費用を掛けたからと言って

決める側の意向に沿うものでなければ

落札できないのは当然のこと。

しかし、インドネシア政府が中国案に決めた最大の理由は

政府としての財政支出や債務保証が必要ないからとか何とかで、

結局は安いモンしか見えていなかった

ってわけですね。

 

それが今、一転して日本の協力を仰ごうとしている

というのが今の状況。

これが良い話になるのか

悪い話になるのかは

日本側が参加する場合の条件次第だと思いますが

心情としては気持ちの良いものではないですよね。

安倍総理には

「ジョコ大統領、日本参加という駅は

既に通過してしまいました」

くらいのことは言ってほしいなぁ。

単純に事業として日本の利益になるのであれば

日本政府や協力する企業は参加するんでしょうけど

「日本政府よ、甘い顔するんじゃねぇぞ」

って思っている人は少なくないと思います。

ただ当時の日本政府も

菅官房長官が

"極めて遺憾砲"

を出していたのでやっぱり参加は薄いかも...?

www.jakartashimbun.com

 

それにしてもこの一連の流れを見ると

本当に呆れるというかなんというか...。

改めて、インドネシア人はとかく安いものには目がない。

というか安いものしか見ない。

日本製を導入することによって得られるメリットである

技術移転やノウハウの蓄積が重要だということが

彼らにはわからないようです。

 

よく漫画とかアニメの表現で

目がお金マークになるやつ、

あんな感じ。

お金以外見えていない。

将来のインドネシア国民の技術向上、

安全性の確保とかは今すぐ目に見えるものではないとは言え

国を動かす人たちには見えていてほしい。

ハードルは1つ目が一番高い。

f:id:actafool048:20200523173527p:plain

レバラン休暇が開始しすでに3日目。

極力外出は控えていますし、

外出したところで

どこも開いていない(相手いない)ので

ずっと家に引き籠っているわけですが

想像していた以上にやる事がなさすぎる。

休みに入る前は

店にあるまだ読んでいない本や漫画を

読んでやろうと意気込んでいたけど

実際に休みが始まると

今度は外に出るのが

メンドくさく感じるようになってしまった。

というわけで家でゴロゴロし倒しているんですが

せっかくなので"何か新しい事"をやろうと思い

Twitterのアカウントなんぞを作ってみようと思いました。

今更なんですが

私、Twitterってやった事ありませんでした。

近しい友人もあまりそういうのに熱心なタイプはいないので

使い方もよくわからないし

Twitterで何をしたらいいのかもよくわかっていません😅

リツイートとコメントの違いもよくわからないし

何より1回目のTweet呟くのがものすごくハードル高い!

誰も見てやいないし

道路の石ころ以上に

誰の目にも止まらないアカウントなのに

悩んでしまって結局、ホントに作っただけ。

この感覚は高飛び込みの感覚に近いのか

おそらく最初の1回目さえクリアしてしまえば

2回目以降はなんの抵抗もなく

2回、3回とできるんでしょう、きっと。

いや、それよりも

このブログを始めた時も同じ感じだったのに

媒体が変わる事で

また同じことを繰り返しているのであれば

人間としてなんも成長していないのかなと思ってしまった

連休3日目でした。

給付金 in Indonesia。

f:id:actafool048:20200519185836p:plain

インドネシア政府は特定の条件に当てはまる国民に対して

現金での給付を決定したようです。

money.kompas.com

インドネシア国民待望のプログラム

その名も“BLT(Bantuan Langsung Tunai)”。

(日本語なら“直接現金補助”ってところでしょうか)

Bacon Lettuce Tomatoじゃないよ。

こちらのプログラムは武漢ウイルスによって

生活の困窮したインドネシア人向けのプログラムだそうで

給付金額はRp. 600,000/月を4月~6月にかけて支給するそうです。

 

ただし受給条件を満たす者のみとなっているようです。

 

村のRTに登記されている人
武漢ウイルスの影響で職を失った人
中央政府による別の支援を受けていない人
JABODETABEK圏外の人
 

他にも細かい条件あるみたいですが

大きくこんなところのようです。

 

給付金は現金とされていますが

受け取りの為には国営銀行の口座が必要のようです。

(国営銀行:BRI、Mandiri、BTN、BNI)

口座を持っていなければ

最寄りの郵便局で受け取りも可との事。

 

今回の給付金、対象者をかなり絞っていますね。

何よりJABODETABEK圏外の人って

それだけでもかなり少なくなっていると思います。

ちなみにJABODETABEK圏内での困窮者には

現物支給をするそうです。

 

だいぶ出し渋っていますね。

2011年以降、経常赤字が続いているインドネシアにとって

これが今できる最大限の補償なんでしょう。

2020年も当然経常赤字間違いなしなんで

国家破綻にならないよう、

インドネシアが誇る金持ち財閥から

しっかり徴収してもらいたいものです。