移住のススメ

インドネシア駐在中の30代♂です。本業の傍ら細々と個人でも商売やってます。インドネシアでの生活を発信していくことで日本からの移住者のハードルを下げる努力をしています。インドネシア、住めば都でいいところ。

日本を捨てた男たち。

f:id:actafool048:20200504224915j:image
読書が捗る。

またまた今回も店にある本を読んで過ごしていました。

今回読んだ本は

“日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」”

ショッキングなタイトルですね。

思わず手に取ってしまいました。

 

フィリピンと言えば、

ドゥテルテ大統領の強権によって

絶賛イメージ大改善中の東南アジアの国ですね。

 

私個人は訪問したことのない国ですが

どちらかというとネガティブなイメージが先行しています。

インドネシアと同様に経済成長の真っ最中ですが、

世界の中でも殺人事件による邦人被害者が多い国だそうです。

他にも、日本にいられなくなった犯罪者が潜伏するとか

(犯罪人引渡し条約が結ばれていない為)

ガードマンが銃を持っているとか

(国の許可は必要だそうです)

インドネシアに住んでいる私からしても

なにやら同じ東南アジアとは思えないような情報をよく目にします。

 

そんな国で食うに困り

帰るに帰れなくなってしまった複数の日本人を追った

ルポルタージュが本書となっています。

 

一言で困窮邦人と言っても

皆さんいろんな境遇と事情で

そのような状態に陥ってしまったようですが

ほとんどの人が女がらみでした。

 

しかも元々フィリピンにいて、というわけではなく

日本にいる時に行った

“フィリピンパブ”で知り合った女の子に入れ揚げて

追いかけるように渡った先のフィリピンで

捨てられてしまった、というような方ばかりでした。

 

よくある話という感じですが

なんでハマっちゃうんでしょうかね?

 

登場人物はタイトルに“困窮邦人”とある通り、

およそ幸せそうに暮らしているとは思えない人たちばかり。

本の著者にアレをくれコレをくれと集ったり

自尊心を守るあまり本当のことを話さなかったり

(著者も慣れたものでしっかり見抜いている)

成るべくして成ってしまったのかなという印象です。

 

忠告しておくとすればこの本、

読んだ後に気分が良くなるようなものではありません。

マンガ原作でドラマや映画にもなった

“闇金ウシジマ君”を読んだ後と言えばピンとくるのではないでしょうか。

テンション下がる人もいるだろうし、

反面教師として自分の生活を見直す人もいると思います。

 

ただこの本、既婚・単身赴任で

当地に来ている人には読んでもらいたい。

国こそ違っても同じようなことに陥りやすい状況が

インドネシアにもあるので。

典型的インドネシア。(床屋の場合)

f:id:actafool048:20200503130522j:image

外出自粛中でしたが

どうにも髪の毛が伸びてきたので

近所の床屋に行って来ました。

 

場所

最近できたばかりの床屋で

PSBB中の今も営業していました。

場所はMeikartaと言う新興住宅街(となる予定)で

今後は賑やかになる(予定)みたいです。

前に記事にしたスムージーのお店の近くですね。

www.iju-no-susume.com

 

先に言うとこの床屋、

私は多分今後は行かないかな😅

理由はいくつかあります。

 

悪いとこ 

道具の手入れ

私はいつも短くカットしてもらっていて

ほとんどバリカンで仕上げてもらっているんですが

油が差されていないのか、

まぁ噛む。

途中で気づいたようで注油してましたけど

いや、やっといて、それ。

あらかたサイドとバックをバリカンで刈ってもらった後

ハサミで整えてもらいましたが、

やっぱりハサミも同じくあんまり手入れされていないようで

ものすごい引っかかります。

 

技術低い?

私も別に美容・理容の知識があるわけではないので

迂闊なことは言えませんが

見たことない髪の切り方してました。

その切り方というのが、下の画像です。

f:id:actafool048:20200503130535p:image

美容師さん理容師さんって髪を切る時、

ハサミを持っていない方の手で

髪の毛を固定して切るじゃないですか?

で、その時に切る髪の毛って上の画像でいうところの

赤矢印の方ですよね?

ここの理容師さん青矢印の方を切るんですよ。

いや、知らないですよ?

そういうやり方があるのかもしれませんし。

でも今まで自分が切ってもらった経験の中では

青矢印側は見たことありませんでした。

実際、この切り方されると

髪を切る時の「ザクザクッ」ていう感覚が

もろに頭皮に伝わってくるので、ものすごい不快。

(赤矢印側から切ってもらってるとむしろ心地よい感じ)

髪切ってもらってる時って

なんかウトウトして眠くなってしまうんですが

ここで切ってもらってる時は

不安感からか一切眠気が来ませんでした。

 

シャンプーは冷水のみ

シャンプーは冷水のみです。

今時、インドネシアと言えど

温水器つけてるところ多いですよ。

少なくとも私の経験上、

ジャカルタにあるカットシャンプー含めて

Rp. 100,000(約700円)以下でやってくれるところだって

温水器つけてましたからね。

 

 

いいところ

価格

価格は安いですよ。

カットのみでRp. 60,000(約430円)で

シャンプー(冷水)込みだとRp. 70,000(約500円)。

 

理容師さんはキャッシャーから何から全部一人でやっているようです。

切ってもらっている時に言っていたのですが

どうやら以前ジャカルタのクラパがディン辺りの日系美容院で働いていたそうです。

ホントか?それ。

 

結論

店構えは、流行りの床屋って感じでかっこいいんですが

重要な理容師の技術が追いついてない感じがありました。

見た目を重視して中身が薄い。

なんかインドネシアでよく見かけますよね、

こういうタイプのもの。

 

セルフカットできる人はよくわからんとこで切るより

自分で切った方が無難ですよね。

ましてや今のような状況だと…。

インドネシアの医療レベルとは。

f:id:actafool048:20200502010243j:plain

コロナウイルスの不安が原因だと思いますが

帰国する日本人の数がヤバいですね。

 

やっぱりみんなインドネシアの医療サービスに不安があるんでしょうか。

けっこうみんな常識のように

「インドネシアの医療はヤバい」

って言いますけど実際のところどうなんでしょうかね。

 

自分自身では今のところ

「ヤバいな」って感じるほどの体験はしていませんが

実際にそのヤバさを体感したという方もいます。

 

私の知り合いの駐在員でもそのような事例がありました。

その駐在員は直近で一時帰国を控えていたのですが

若干の体調不良を感じていました。

たまたまその時に全社員が受ける健康診断があったので

ついでにという感じで受けたそうです。

結果は“特に問題なし”。

「マジで?」という感じだったそうですが

まぁ医者が言っているんならそうなんだろうと思って

勧められた薬を服用していたそうです。

しかし、日本一時帰国の時にも体調不良が続いていて

日本で再度健康診断を受けたところ

結核が見つかったようです。

 

他にも、当地の病院で

「盲腸です。手術で取りましょう」

と診断を受けた人がいたのですが

どうせ手術を受けるなら日本で、

ということで日本に一時帰国し病院へ行ったところ

盲腸でもなんでもなく、

薬の服用で治ってしまうレベルのものであったそうです。

 

こんな話を聞くと

やっぱインドネシアの医療ってヤバいじゃん

って思うじゃないですか。

でももしかしたらそれは

たまたまそういう情報が耳に入ってきただけ

って可能性もありますよね?

 

じゃあ世界的に見たらどうなの?と。

世界中の医療サービスを受けて回ることなんてできないので

医療サービスのレベルをまとめたウェブサイトがありましたんで

張っておきます。

worldpopulationreview.com

こちらを見るとインドネシアの医療サービスランク、

堂々の92位!

やっぱヤバいじゃん!

ちなみにお隣の国マレーシアは49位。

タイが47位でフィリピンが60位。

周りのASEAN国と比べても

ヤバい方だということが分かりますね。

ちなみに日本は10位です。

ヤバいですね。

 

以上、語彙のヤバいブロガーの独り言でした。

(語彙ランキング92位)

インドネシア政府、正直な庶民への大盤振る舞い。

www.jiji.com

日本ではもう10万円給付の件、決定したんですか?

あれって一律みんなに10万円あげますよって感じなんですか?

在外日本人でももらえるのかな?

住民票をこちらに移していないので

住民税も継続して払っていることですし

なんとかよろしくお願いしたいところ…。

インドネシアではいまだ補償の話は出て来ていないようですが

補償ではなく個人所得税の還付だか徴収延期だかをするみたいなことは

言われているようです。

www.nikkei.com

仕事の分野によって適用するかしないか分けられるようですが

どうやらこれ、ほとんどの在イ外国人には適用されないっぽいですね。

情報元忘れてしまったんですが、

たしか年収Rp. 200,000,000以下の人が対象だったはずなので

基本はインドネシア人の為の措置。

 

でもこれはなかなかいいのではないかと。

ちゃんと国に納税している人たちが恩恵を受ける対象なわけですし。

この恩恵を受けられない人は元々の収入が多い人であったり

元々納税してなかった人であったりだと思います。

ですのでインドネシアの生産力と消費を支える

大多数の人達をカバーするには結構効果的だと思います。

(これが実施されれば会社としても甘い顔しなくてすむしね)

喜捨チャンス。

日に日にいろんな会社が営業を

一時停止していっているようですね。

あるいはリモートワークに切り替えていらっしゃるのか、

昼休憩にパパイヤ(日系スーパー)へ買い物に行くと

ラフな格好をした日本人で賑わっていました。

自分のところは人によってはリモート化してますが

やはり工場である以上、自分が出社しないわけにはいかないです。

なんかあったら困るし。

とはいっても営業訪問もできないんで

細かな業務効率化程度しかできない。

それでも会社回していいよって許可が出ているのは

非常にありがたい。

※現在、操業を続けたい会社は

工業省の許可を取らなければいけなくなっています。

 

今日もニュースで見たのですが

MM2100という工業団地に入居する日系企業で

コロナウイルス罹患の死者が出てしまったようで

当該の企業は一時的に停止命令が出ているようです。

megapolitan.kompas.com

ニュースによると、

5,000から5,300人近くの従業員を抱えるとある会社で

コロナウイルス陽性の死者が出たようです。

そしてその死亡したのが組合長の方だったようです。

5,300人の社員のうち、

5,000人をすでに自宅待機にしており

残りの300人ですでに受けている注文分を終わらせるために

最低限の業務を継続しているようです。

しかも、その間の給与は満額支給するそうです。

(労働省長官談とのこと)

 

満額かよ。

それはさすがにやりすぎでしょう。

そのあたりの補償は政府のお仕事でしょ?

ていうかそれって労働省長官が言うことではなく

会社が社員に言うことであって

それを記者に話すことではないんじゃないの?

そろそろその汚いポケットから

喜捨をする時が来たんじゃないのかな?

今までしこたま回収して来たんだからさ。

ちょうどラマダンに入っているわけだし

ここらでいっちょがっつり喜捨して

徳でも積んでほしいですね。

頼むぜ、DISNAKAR(あるいはThis Nakal?)。

公的支出であれ私的支出であれ

君たちの出番だと、私は思う。

インドネシア産ウイスキーはススメない。

既にラマダン期間に入っているのに

未だ普通にスーパーとかで酒が売っています。

なにやら去年くらいから

その辺りが有耶無耶になっているのか

規制をゆるくしたのかわかりませんが

普通に買えてしまいます。

 

数年前ですとラマダン期間中は

どこも酒の販売を自粛していたので

ラマダンに入る前にケース買いして

家にストックしておくって人も多かったのではと思いますが

今はその必要もないようです。

 

しかも今は絶賛PSBB期間中です。

Di rumah aja(家にいよう)という事で

休日はやることがなさ過ぎて

久しぶりに家飲み用の酒を買いました。 

f:id:actafool048:20200426151614j:image

その買った酒というのが

こちらのDRUMっていうウイスキーなんですけど

先に言っときます。

マジでススメません

 

まず、「聞いたことないわ」て感じですよね、

このウイスキー。

銘柄で検索かけてもインドネシア語の通販サイトばかり出てくるので

調べたらインドネシア産のウイスキーだそうです。

 

味はマジでまずい

まずいの一言。

違いの判るオトコという程、

舌に自信があるわけではないですが

これははっきりわかる。

薬品臭い。

ロックで飲むなんて絶対に無理。

でももう買っちゃってるし

捨てるのももったいないので

コーラハイで飲んでみました。

コークハイにすればコーラの味が全然勝つので

その時は飲めてしまうんですが

その後がキツかった。

寝に入った2時間後くらいに

なんとも言えないムカつきが胃からこみ上げてきて

思わず飛び起きてトイレに直行。

一通り吐き出した後、

中和する為にも水を多めに飲んでおいたんですが

それでもなかなか治らず

全然眠れませんでした。

こんなまずい酒でよく金取れるな。

確かに値段は安いです。

350mlでRp. 100,000(約700円)。

インドネシアであれば文句なく安い酒ですが

安かろう悪かろうの言葉通りです。

 

ススメないというか、

買ってはいけない。

 

インドネシアでは粗悪な密造酒により

命を落とす或いは健康被害を被る若者がいるそうですが

ここまで堂々と粗悪品を市場に出す業者には

言葉を失います。

ウェブサイトだけは一丁前なのが

またさらに腹立つ。

astidamadistillery.com

 

しかし、これがもし

まずい酒を広めることで

インドネシア国民に飲酒文化を広めないよう

特定のイスラム教団体が主導で行っている

アンチアルコールのプロパガンダだとしたら

これは非常に有効な手段だと思う。

 

少なくとも私はリピートしないし

もしウイスキーというモノを知らず

初めて口にするウイスキーがこれだったら

「ウイスキーはまずい飲み物」

というイメージを定着させるのには

十分過ぎるクオリティだと思う。

インドネシア残留組、まだ慌てるような時間じゃない。

今日から6月1日までインドネシア国内線・国際線の

旅客機の運航がなくなるそうです。

www.nikkei.com

6月1日までっていうのは

当地の一般的なレバラン休暇(断食明け休暇)が終わる頃と重なっていますね。

とは言え記事を読むと

在インドネシア日本大使館は24日未明、在留邦人向けのメールで、

同国政府への要請の結果、インドネシアと日本を結ぶ便は当面、継続すると明らかにした。

「インドネシア政府から国際定期旅客便は規制の対象外との説明を受けている」と強調した。

とありますので、我々のようなインドネシア在住の外国人は

対象外となるのだと思います。

ですので基本的にはインドネシア国民に対する規制のようで

在住外国人はパニックになるようなものではないので

f:id:actafool048:20200425001140j:plain

"出典 SLAM DUNK/井上雄彦 集英社"

っていう認識でいいのかな?

よくわからんが、業務的にも心情的にも

日本帰国できるような状態ではないので

私には関係のないお話…。

直近で本業の方でも従業員が

一発で懲戒解雇になってもおかしくない事をやらかしたりしたので

今のタイミングで日本に帰ると

戻ってきたときには会社がめちゃくちゃになってそうでこわい…。

 

インドネシア政府もなかなか今更な対応しますよね。

PSBBなんていう中途半端な対応をするもんだから

ジャカルタから地元に帰っちゃう連中をたくさん出しちゃって

もう今となってはジャカルタでの感染者を

地方へばら撒いちゃっただけじゃない。

コロナ対応については

日本も他所の事言ってる場合じゃないですけどね。

でも今回のように世界全体が同じ1つの問題に対して

各国政府がどのような対応を取るのか

というのかが明らかになったことで

どこの政府が優秀なのかが誰の目にも分かってしまったような気がしますね。

 

確かに国によって事情が違うので

何とも言えないかもしれませんが

「あの国の対応の速さは羨ましいなぁ」

と感じた国はあったはず。

 

ちょっと飛躍しすぎかもしれませんが

今回のコロナ騒動がきっかけで

国籍を変えるっていう人もけっこう出てくるかもしれませんね。

日本に限らず世界的に。

自分が所属している国の政府は

果たして自分と自分の家族を守ってくれるのか。

 

国籍はそのままで

いろんな国で仕事が出来たり生活が出来たりするのが

今までの「グローバリズム」だったのであれば

これからのグローバリズムは

国籍を簡単に変えることができるようになるかもしれませんね。

自分がどこに帰属する人間なのかを

自分で決めることができる世界。

グローバリズム2.0とでも言っておこう。