移住のススメ

インドネシア駐在中の30代♂です。本業の傍ら細々と個人でも商売やってます。インドネシアでの生活を発信していくことで日本からの移住者のハードルを下げる努力をしています。インドネシア、住めば都でいいところ。

異世界転生して食べまくった件。

土曜日はジャカルタ泊だったので

前から行きたいと思っていたドーナツ屋へ

日曜日の朝に行ってきました。

結果から言うと閉店していたんですが。

ただ、こちらの画像を見て欲しい。

f:id:actafool048:20191028233219j:image

f:id:actafool048:20191028233227j:image

上がGoogle Mapに投稿されてる画像で

下が同じ場所で私が撮影した画像。

は?

なにこれ、パラレルワールド

営業中って書いてあるから行ったのに

実際に行ってみたらもぬけの殻じゃないですか。

当地インドネシアでは

こんな不思議なことがよく起こります。

(日本でもあるかな?)

店閉めてるならGoogle Mapから消すか

「閉業」で更新しておいて下さいよ😭

 

しかしもう気分は

「ドーナツを食べる」感じになっていたので

前にジャカルタのイベントにも出店していた

www.iju-no-susume.com

「Dough Darling」が運営しているカフェ

「Kitchen by Dough Darling」に行ってきました。

f:id:actafool048:20191028233324j:image

先日のイベントで出していたメニューは当然のこと、

他にもドーナツをバンズの代わりに利用した

バーガー等も楽しめます。

 

減量以降、ドーナツとかを頻繁に食べるようになりました。

完全に締め付けからの反動でしょうね。

でも大丈夫。

サンドウィッチマン伊達ちゃん理論で言うと

ドーナツはゼロカロリーなので

 

f:id:actafool048:20191028233348j:image

このように横から見ると、

溶けたチーズがパティと絡み合う

見るからに高カロリーなバーガーも

f:id:actafool048:20191028233418j:image

上から見れば、ホラこの通り

ゼロカロリー形状。

 

育ち盛りなので

これだけでは足らず

デザートにドーナツ2個追加。

f:id:actafool048:20191028233437j:image

もちろん安心のゼロカロリー形状。

 

万能のゼロカロリー理論で

今日も食いまくり。

ビバ☆ゼロカロリー理論。

ごちそうさまでした!

 

※本記事のゼロカロリー理論はフィクションです。

実際のカロリー吸収とは一切関係ありません。

まんじゅう怖い。東京怖い。

f:id:actafool048:20191025114131j:image
f:id:actafool048:20191025114141j:image
f:id:actafool048:20191025114124j:image

一時帰国終了。

帰ってきてすぐにこのスカルノハッタ空港の

アホみたいな混雑具合を味わうのはうんざりする。

こういう状況を、達観した感じで

インドネシアって感じがするなぁ」

とか言う人もいらっしゃいますが

いや、どう考えてもこういうストレスは

無い方が良いに決まってるだろと言いたい。

先進国出身の余裕か。

そう言うことを言っている自分が好きなのか。

とは言え、確かに帰ってきた感がある自分は

もはや日本人的感覚が

薄れてきている事の現れなのか?

ヤバイヨヤバイヨ。

 

でも久しぶりに帰った日本では

東京を歩いていたりすると

ジャカルタを歩くよりドキドキするのは

自分の中で何かが変わってきているのだと感じます。

東京怖いっす。

麻布の十番のニューヨークのスタイルのドーナツの。

f:id:actafool048:20191023224206j:image

DUMBOドーナツ旨かった。

 

これまた、一時帰国中に

絶対行ってやろうと思っていた店

第2弾

「DUMBO」。

 

こちらは麻布十番にある、ドーナツ専門店です。

これが旨いのよ。

ドーナツがデカいのよ。

デカくて分厚いのよ。

 

いわゆる、

ニューヨークスタイルドーナツ

という奴?

(誰が言ったの?)

 

ミスタードーナツが束になって漸くたどり着く頂(いただき)。

 

街のおしゃれ感にヤラれないように

気を強く持たなければ

辿り着けない。

 

何を隠そう、自分も迷った。

 

なんとかたどり着いた店は

約10畳程のスペースで

お世辞にも広いとは言えず

テーブル席など一切無し。

カウンター席のみの

ハードボイルドスタイル。

 

にも関わらず、来店客は後を絶たない。

f:id:actafool048:20191023224157j:image

ドーナツの種類は10種類前後。

f:id:actafool048:20191023225248j:image

定番メニュー8種類程に

季節のメニューが2種類。

 

私が選んだのは

f:id:actafool048:20191023224206j:image

チーズケーキドーナツ。

ドーナツの上に柔らかく練ったクリームチーズ

絶妙な塩味がアクセントとなる

クラッカーがトッピングされている。

 

単純だけどそれがいい。

またここのドーナツはニューヨークスタイルだけあって

決して口に収まることのないビッグサイズ。

 

一口では穴に到達しない程に肉厚な生地は

ミス◯ードーナツでは味わえない贅沢感。

 

1つ390円という価格は安くはないけれど

同じ金額でこれ程の幸福感が味わえるなら教えて欲しい。

 

育ち盛りの僕はもちろん1つじゃ足りない。

f:id:actafool048:20191023224152j:image

季節のドーナツ

パンプキンクリームフィリング。

 

中身のパンプキンクリームは甘味控えめですが

グレーズの甘味と合わせるとちょうどいい感じ。

 

ドリンクはアメリカンのホットがよく合う。

 

こんなん、インドネシアじゃ食えないっすよ。

 

やっぱ日本は最高だわ。

バーガーハンター part 1。

f:id:actafool048:20191022182349j:image

ただ今、日本一時帰国中につき

ずっと気になっていた店に行きまくっています。

まずは

「シェイクシャック」!

 

泣く子も黙る、本場アメリカのバーガーが

数年前既に日本に来ていた!

 

これは自他共に認める無類のバーガー好きとして

無視するわけにはいかず、

行ってきました。

 

今回注文したのは

シグネチャーバーガーとされている

「シャックバーガー」のシングルパティ!

 

食レポサイトではパティを

ダブルにすることを薦められてましたが

友人との食事を控えていたので

シングルで。

シングルでも十分ボリュームあります。

と思います🤔

 

食べた印象ですが、

バンズは蒸し工程があるのかそれが長目なのか

しっとり感があります。

パティも頬張った時の鼻から抜ける肉の香りが

香ばしい。

 

ここで飲めるマイスターエールビールも

ヨーロッパ系のビールのようなフルーティーなビールで

濃厚なバーガーとよく合います。

 

文句なく旨い部類のバーガー屋でした。

とは言え、バリ島にあるもっと旨いバーガー屋を知っていますが!🤣

 

今度はそのバリ島のバーガー屋レビューでもしておきましょうか(次に行く機会があれば)。

スカルノハッタ空港のWi-Fiはススメない。

f:id:actafool048:20191018174130j:image

在住者の方達にはぜひ知っておいて頂きたい

スカルノハッタ空港のレンタルポケットWi-Fi

借りてはいけない理由。

 

f:id:actafool048:20191018174859j:image

まず、モデムがでかいし重い。

スマホよりでかいってありえんだろ。

こっちは身軽な状態で歩き回りたいのに

こんなでかいもん持ち歩きたくないわ。

 

そして次に、充電がなかなか溜まらない。

繰り返し利用しまくってるせいで

バッテリーへたってるじゃないのかな?

 

最後に、値段もそんなに安くない。

調べたら事前予約で借りられる

日本の業者のWi-Fiの方が安かった。

 

マジで二度目はないなと思った。

一時帰国のススメ。

f:id:actafool048:20191016230911j:image

日本一時帰国してきます。

今回も本社出社兼友人の結婚パーティーに合わせて帰るんですが

申し合わせたかのようにちょうど1年ぶりの一時帰国。

 

この日に合わせていろんなものをAmazonで買いだめして

実家に届くようにしていました。

ですので空っぽのスーツケースを満タンにして帰るという

在住者の皆さんにとってはおなじみの

「運び屋」状態です。

 

でも一年に一度帰国するって

頻度的に少ない方ですよね?

一応駐在員なので一年に一度は

プライベートでの帰国権を与えられてはいるんですが

なかなかそれを行使する機会もなく。。。

帰る時はなんだかんだで会社にも出社しているし。

 

たまには1週間くらい日本で休暇を過ごしたい。。

なぜ、壁を登るのか。そこに、壁があるからだ。

f:id:actafool048:20191015013252j:image

ボルダリングしてきました。

ジャカルタにも幾つかボルダリング施設はあるんですが、

ほとんどが野外でしかも壁が一枚ある程度のものです。

今回行ってきたのは、BSDイオンのすぐ近くにある

Bremgra Indoor Climbing Gymというボルダリングジムです。

 

 

施設について

日本にいた時も何度かボルダリングジムには行ったことがありましたが

ここは私が行ったことのある日本のものより

しっかり作られていて驚きでした。

建物自体も538㎡と広いですし、

ガラス張りの円筒部分には

内部のホールド(登る時に掴むカラフルなあれ)付きタワーが見えるので

目を引く魅力的な作りになっています。

f:id:actafool048:20191015013220j:image

 

料金案内

入場でRp. 100,000(約750円)です。

どうやら平日と休日で料金が分かれているようで

平日であればもっと安いそうです。

(写真忘れました…)

運動不足の奥様方、是非!

ハーネスやらシューズやら滑り止め剤やらも含めると

ざっくりRp. 170,000(約1250円)くらいで利用できます。

 

機械式ロープ

こちらでは初心者向けのルートには

機械式のロープで吊ってもらえるので

途中でキツくなったら

ぴょーん

と飛び降りてしまって問題なしです。

一番最初は結構勇気がいりますが

安全に下まで降りられます。

(人力でロープを引っ張ってもらうより安全かも)

f:id:actafool048:20191015013433j:image

 

お子様用もあり

このジム、これだけじゃないんですね。

大人用もありながら上階には子供用のエリアもあるみたいです。

f:id:actafool048:20191015013521j:image
f:id:actafool048:20191015013525j:image

 

カートも!

どうやらカートもあるようです。

Rp. 150,000(約1100円)くらいで遊べるようなので

次回はちょっと試してみたい。

f:id:actafool048:20191015013552j:image

 

さらにさらに!

さらにその上階にはアイリッシュパブもあるようで、

全く欲張りすぎる施設です。

午前中なので当然オープンしていませんでしたが。

f:id:actafool048:20191015013627j:image
f:id:actafool048:20191015013630j:image

 

オススメの時間帯は?

こちらのジムは朝9時からオープンしていますが

オープン直後を狙って行くのをおススメします。

10時を過ぎたあたりから人が多くなり始めますので

私の様な「ライト層」が増えてくると登れる場所が限られてきます。

ガチの人は何時に行っても問題なしです。

ガチの人しか使わないルートはいつも空いています。

 

いっぺん行ってみて!

ボルダリングはかなりハードな運動なので

もしかしたら次の日は体が使い物にならないくらいの

筋肉痛に苛まれるかもしれませんが

その覚悟ができている人はいっぺん試してみて下さい。

 

以上!