移住のススメ

インドネシア駐在中の30代♂です。本業の傍ら細々と個人でも商売やってます。インドネシアでの生活を発信していくことで日本からの移住者のハードルを下げる努力をしています。インドネシア、住めば都でいいところ。

なぜ、壁を登るのか。そこに、壁があるからだ。

f:id:actafool048:20191015013252j:image

ボルダリングしてきました。

ジャカルタにも幾つかボルダリング施設はあるんですが、

ほとんどが野外でしかも壁が一枚ある程度のものです。

今回行ってきたのは、BSDイオンのすぐ近くにある

Bremgra Indoor Climbing Gymというボルダリングジムです。

 

 

施設について

日本にいた時も何度かボルダリングジムには行ったことがありましたが

ここは私が行ったことのある日本のものより

しっかり作られていて驚きでした。

建物自体も538㎡と広いですし、

ガラス張りの円筒部分には

内部のホールド(登る時に掴むカラフルなあれ)付きタワーが見えるので

目を引く魅力的な作りになっています。

f:id:actafool048:20191015013220j:image

 

料金案内

入場でRp. 100,000(約750円)です。

どうやら平日と休日で料金が分かれているようで

平日であればもっと安いそうです。

(写真忘れました…)

運動不足の奥様方、是非!

ハーネスやらシューズやら滑り止め剤やらも含めると

ざっくりRp. 170,000(約1250円)くらいで利用できます。

 

機械式ロープ

こちらでは初心者向けのルートには

機械式のロープで吊ってもらえるので

途中でキツくなったら

ぴょーん

と飛び降りてしまって問題なしです。

一番最初は結構勇気がいりますが

安全に下まで降りられます。

(人力でロープを引っ張ってもらうより安全かも)

f:id:actafool048:20191015013433j:image

 

お子様用もあり

このジム、これだけじゃないんですね。

大人用もありながら上階には子供用のエリアもあるみたいです。

f:id:actafool048:20191015013521j:image
f:id:actafool048:20191015013525j:image

 

カートも!

どうやらカートもあるようです。

Rp. 150,000(約1100円)くらいで遊べるようなので

次回はちょっと試してみたい。

f:id:actafool048:20191015013552j:image

 

さらにさらに!

さらにその上階にはアイリッシュパブもあるようで、

全く欲張りすぎる施設です。

午前中なので当然オープンしていませんでしたが。

f:id:actafool048:20191015013627j:image
f:id:actafool048:20191015013630j:image

 

オススメの時間帯は?

こちらのジムは朝9時からオープンしていますが

オープン直後を狙って行くのをおススメします。

10時を過ぎたあたりから人が多くなり始めますので

私の様な「ライト層」が増えてくると登れる場所が限られてきます。

ガチの人は何時に行っても問題なしです。

ガチの人しか使わないルートはいつも空いています。

 

いっぺん行ってみて!

ボルダリングはかなりハードな運動なので

もしかしたら次の日は体が使い物にならないくらいの

筋肉痛に苛まれるかもしれませんが

その覚悟ができている人はいっぺん試してみて下さい。

 

以上!

犯人は忍びの者。

f:id:actafool048:20191011122717p:image

当地インドネシアでは嘘みたいなことが本気で起こります。

本日の邦字新聞「じゃかるた新聞」にてこんな記事がありました。

ウィラント氏刺され負傷 バンテン州メメス 男女2人逮捕、過激派か | じゃかるた新聞

大臣が暴漢に襲われたそうですが、

その時の凶器が

「くない」

 

…え?

くないww

ありえなくない?

 

そして今後の予想は

インドネシア政府、NINJAのコスプレを禁止」

Narutoファンがジャカルタでナルトコスプレデモ」

(スローガンは「Ayo!Kage-Bunshin」)

(Ayoは「Let’s 」みたいな意味です)

「政府、コスプレ禁止案を取り下げ」

「その隙に本命の法案を通す」

 

いやー、我ながら名推理。

豚食のススメ。


今日もまた毒にも薬にもならない日記を垂れ流します。

いつも通りに仕事を終えた後、
今日はトレーニングはお休みにして
久しぶりに外食しました。

冒頭の写真が今日の晩御飯ですが、
「Nasi babi campur」という料理です。
直訳すると、豚肉混ぜご飯?って名前です。
お値段、Rp. 40,000(約300円)也。
安くはないw

でもインドネシアってイスラム教国だから
豚肉ってダメなんじゃないの?
って思う方もいらっしゃると思いますが
意外と豚肉料理屋あるんですよ。
こういう店は総じて中華系インドネシア人が
中華系インドネシア人向けに営業しています。
彼等はムスリムじゃないので。
ですので、結構店員が中国語使えたりします。

それはいいとして、
今日この店に来たのは「Siobak」を食べたくなったからです。
これです。

本当はこれだけで食べたかったんだけど
今日行った店はメニューに選択肢がなく
仕方ないのでCampurにした次第です。

食べてみた感想は…
ちょっとこの店はハズレでした😂
カリッと感が少ないよ、カリッと感が。
また別の店開拓しなければ。

以上!

うそはうそであると見抜ける人でないと(良い栄養を摂るのは)難しい。

インドネシアで手軽に購入できるプロテイン「L-men」のウソを暴きます。

ほんと誰得な情報ですが。。。

L-menとはインドネシアのスーパーやコンビニなどでも売られている

 黒いパッケージのプロテインパウダーです。

f:id:actafool048:20191009003159p:plain

在住者なら一度は見かけたことがあるのではと思います。

パッケージにはノースリーブ姿のさわやかな男性が

こちらに視線を送ります。

まるでL-menを飲めばこんな体になれるとでも言いたげですね。

 

 

否!!

 L-men

あえて言おう、カスであると!

ジーク・ジオン!ジーク・ジオン!)

一体何がカスなのかは

数字を見ながら解説していきましょう。

L-men栄養価

まずはこちらL-menの栄養価です。

f:id:actafool048:20191009003343p:plain
上から見ていきましょう。

 

L-menのPFCバランス

※PFCとはProtein, Fat, Carbohydrateのことです。

まず、1 serving 35g。

これはまあ重要じゃないです。

肝心の栄養価!

エネルギー

140kcal

たんぱく質

15g

!?

脂質

2g

はい。

炭水化物

15g

!?

 

これはトレーニーならちょっと納得できない数字です。

 

解説

まずは、たんぱく質15g!

これはいかんですよ。

だってこれ、Protein(たんぱく質)として売っておきながら

たんぱく質、正味半分以下じゃないですか!

(1 serving 35g中15g(42%)のたんぱく質

 

はい、脂質。

海外製のモノであれば脂質0gとかもありますが

36g中2gであれば全然許容範囲かなと思います。

 

そして炭水化物。

15g!

いやいや、たんぱく質と同量の炭水化物って!

これもはやカーボパウダーでしょ。

こんなの飲んでたら体はデカくなるかもしれませんが、

脂肪もしっかり付きますよって…。

 

一般的に、普段の食事は

脂質・炭水化物過多になりがちなんです。

ですので、プロテインパウダーは

純粋にたんぱく質だけが入っているモノの方が

効率が良いです。

 

低脂肪牛乳でよくない?

というか、これ栄養バランス的に

低脂肪牛乳飲むよりちょっと効率良い程度ですよ。

こちら参考に低脂肪牛乳の栄養価です↓↓

 

低脂肪牛乳のPFCバランス

低脂肪牛乳

100ml中

エネルギー

46kcal

たんぱく質

3.8g

脂質

1.0g

炭水化物

5.5g

 

こちらの数字を参照しています↓

https://www.dairy.co.jp/milk_i/seibun-hyou/index.html

 

L-menと低脂肪牛乳の比較

通常、プロテインドリンクを飲むときは

パウダーを200-300mlの水に溶かして飲みます。

ですので量を同じにして比べた場合

栄養価 L-men(300mlの水) 低脂肪牛乳(300ml)
エネルギー 140 138
たんぱく質(g) 15 11.4
脂質(g) 2 3
炭水化物(g) 15 16.5

となりますので、ほとんど変わらないんですね。

わー、わかりやすーい

L-menどんだけー

 

U☆S☆A

米国製プロテインの格の違い

一方で、こちらは私が愛用しているプロテインです。

f:id:actafool048:20191009003740p:plain
栄養価を見てみましょう。

1 serving 32g。

エネルギー

130kcal

たんぱく質

24g

Good!

脂質

1g

はい。

炭水化物

3g

Good!

 

f:id:actafool048:20191009012404p:plain

圧倒的じゃないか!

つまり、L-menで同じ分だけのたんぱく質を摂ろうと思ったら

うっかりカロリーまで2倍摂らなければいけなくなってしまうわけです。

これはいかんですよー

こんな栄養価でプロテインを名乗っては。

f:id:actafool048:20191009012533p:plain

私の買っている「Optimum Nutirition」製品は

Pondok Indah Mallに入っている

Natural Farmとかで買えますので

インドネシア在住トレーニーの皆さんは

そこで買うか、Tokopediaとかのネットショップで買いましょう!

 

日本で買うよりちょい高ですけど

粗悪品に金使うのもばからしいですからね。

 

他には以前、Myproteinという

イギリスのサプリメントメーカーのものを

インドネシア個人輸入しましたが

通関で税金を結構取られたり、

モノがリリースされずに税関で没収なんてのもありました。

 

その時はMyproteinから返金対応頂きましたが

しばらくしたら同社のHPから

インドネシアへの発送は除外されていました。

 

たぶん同じ被害者が多発したんでしょうね。

でもここのプロテインはおそらく世界でも有数の

安価なプロテインメーカーなので

日本一時帰国する時とかには

事前に日本の家に届けてもらって

トランクに詰め込んで当地に持ち込んでいます。

 

そういう使い方ができる時はMyproteinもおススメです。

なんといっても豊富な味のバリエーションにはいつも驚かされます。

個人的にはチョコミントとブルーベリーチーズケーキがおススメです。

↓↓Myprotein↓↓

まとめ

L-men、死すべし!!

以上!

酒の肴にインドネシアスナック。

f:id:actafool048:20191007234222j:image

酒が飲みたい。

ビールが飲みたい。

って時がたまにあります。

休みの日で特に予定もなく

Amazon Prime Videoで面白そうな映画を見つけた時とか

ビールとつまみでダラダラしたい

ってなるんですよ。

ただ、ここで脂っこいものとかガッツリいっちゃうと

後の罪悪感がハンパじゃないので

なんかいいもんないかとスーパーを彷徨っていたところ

こんなもん見つけました。

「SNACK CUMI GARING」で意訳すると

「サクサクよっちゃんイカ」って感じの

ローカルスナックです。

このパッケージ、だいぶ危ないですね〜。

ディ◯ニーの法務部が飛んできそうなキャラクターがいますが

そこは一旦目をつぶっておきましょう。

このスナック、何がいいかと言いますと

こちらです。

f:id:actafool048:20191007235021j:image

栄養価が悪くないんですよ。

まずは上から読んでいきましょう。

Energi total

190 kcal

やや高めですが、ポテトチップスなんかに比べたら

カワイイもんです。

Fat

1g

いいね👍

きっと油で揚げているようなスナックじゃないんでしょう。

Protein

28g

なんと!

これはいいですね。

内容量が75gなので約37%がたんぱく質です。

そして最後に

Carbohydrate

17g

😕

これはちょっと仕方ないですね。

味付けの砂糖とかで

結構使っちゃってるんでしょうか。

とはいえ、この栄養バランスはなかなかではないでしょうか。

ただナトリウムも多めなので

1日で食べきるようでなければ

インドネシアで手軽に手に入るおつまみの中では

結構上位に来るのかなと思います。

肝心の味は、そこそこ甘めです。

でも全然食べれますね。

悪くないです。

 

点数は6.5/10ってとこでしょうか。

健康かというとナトリウム量が微妙なので

しょっちゅう食べるには適さないですが

たまの酒の肴には丁度いいかもしれません。

 

まず、酒飲み人口の少ないこの国で

そんなもの探すこと自体が難しいという状況を考えると

これでも上出来かな。

 

以上!

食!服!音楽!のイベント in Indonesia.

f:id:actafool048:20191005175314j:image

今日はジャカルタはSCBDにある

District 8で開催されていた

「Brightspot」という

ファッション&フード&ミュージックのイベントを見に行きました!

先日までの減量中にはご法度だった

甘いもの爆食いパーティー

(ファッション関連のブースは今回はスルーです)

今回の目当ては

冒頭の写真にもあるドーナツです。

f:id:actafool048:20191005180547j:image

こちらはバリ島のスミニャックに店を構えている

「Dough Darling」という店のブースです。

イベント限定のブースにしては

種類も豊富にあったので

思わず9種類も頼んでしまいました😅

f:id:actafool048:20191005181351j:image

9個でRp. 150,000-!

デブまっしぐら。

とは言え、1つ1つが小ぶりなので問題なし!

f:id:actafool048:20191005181009j:image

ラズベリーのドーナツは

酸味と甘みがナイスコンビネーション。f:id:actafool048:20191005180459j:image

ピーナツバターって発明した奴、天才?

9つサクッと完食して他のブースを物色していると

アルコールのジン推しの

シュークリームのブース発見。

f:id:actafool048:20191005180932j:image
f:id:actafool048:20191005180928j:image

ブースのオシャレ度はダントツです。

ここでは店員さんオススメの

ラムレーズンをチョイス。

f:id:actafool048:20191005181133j:image

こちらは1つRp. 50,000-

中のラムレーズンフィリングは

しっかりとラムを感じる大人の味です。

f:id:actafool048:20191005181308j:image

そろそろ腹も膨れてきたので

締めにビターなクッキーを。

f:id:actafool048:20191005181533j:image

ここは「DOUGH LAB」というクッキー専門店で

特に行列が長かった店の1つです。

f:id:actafool048:20191005182240j:image

f:id:actafool048:20191005182736j:image

色々目移りしましたが、

甘いものが続いていたので

ダークチョコレートのクッキーを選びました。

1コRp. 50,000-。

説明をよく読んでなかったのですが

中にはピーナツバターフィリングが!

また甘い!

f:id:actafool048:20191005182423j:image

まぁうまいんですけどね。

このクッキーはいわゆるしっとり系クッキーで

少し力を入れると崩れてしまうくらい

柔らかく焼き上げています。

 

このイベントは明日の6日夜10時までやっているようです。

ジャカルタ住みの方もチカランの方も

おためしあれ。

 

そしてこのあと夜は

オクトーバーフェスタと称して爆飲み解禁。

これは太るぜ。

コンテスト出場のススメ 当日編。

最後です。

コンテスト当日編。

と言っておきながら話はコンテスト前日からです。

 

当日は午前中から会場入りしていなければいけないので

 

朝の渋滞が読めない以上、前ノリが必要です。

 

というわけで前日夕方からバンドゥン入り。

 

チカランから車で東へ2時間半の道のりでは、

 

炭水化物をつまみながら読書していました。

 

主に蒸かしたサツマイモ。

 

 

バンドゥンについてからは

 

極力体を休める為に

 

仮眠をとったりしながら友達の合流を待ち、

 

夜はせっかくなのでバンドゥンの街を歩いてみました。

 

あまり夜更かしせずに早めに寝て

 

次の日に備えます。

 

 

当日朝、朝食もかねて外に出ようとすると

 

ホテルのロビーには応援に来れないと言っていた友達が座っていました。

 

どんなサプライズやねんw

 

 

どうにか時間作ってくれたようで

 

朝一で駆け付けてくれました!

 

ジャイアンだったら「心の友」認定していましたね。

 

 

会場はバンドゥンの中心街から車で約20分程さらに東の

 

Ujung Berung Town Squareという、

 

お世辞にも上等とは言えないショッピングモール。

f:id:actafool048:20191004004834j:image

 

モールの構造もものすごくわかりにくく、

 

イベント会場となっているスペースにたどり着くまで

 

何回も店員に確認しました。

 

設計した奴、アホかと。

 

 

で、会場では既にズンバのイベントが始まっていて

 

ステージの前でインドネシア人女子が踊っていました。

f:id:actafool048:20191004005155j:image

 

エントリーはWhatsapp経由で済ませていたので

 

エントリーナンバーの札だけ貰って待機。

f:id:actafool048:20191004005223j:image

 

2枚あるのは、2つの階級でエントリーしていたからです。

(結局は1つの階級にしか出場しませんでした。

直前になって体力が保たなかったから。。。)

 

 

待っている間も唯一の外国人参加者が珍しいのか

 

めちゃめちゃ話しかけられる。

 

 

その後、友達も会場で合流でき

 

出番までふらふらしていたのですが

 

友達から一言、

 

「黒さ足りなくね?」

f:id:actafool048:20191004010619j:image

 

そうです、私めちゃめちゃ色白なんで

 

この日の為に1ヶ月かけて土日で天日干ししてたんですが

 

周りはインドネシア人。

 

生まれつきイイ色した人たちに比べると

 

全然黒さが足りてないんです。

 

(色が黒いと体の陰影がつきやすいので

より引き締まって見えるんです)

 

でも大丈夫。

 

こんなこともあろうかと、即席のボディーカラーリングを購入していたので

 

友達の助けも借りて体に塗りたくりました。

f:id:actafool048:20191004010657j:image

 

その結果、

 

インドネシア人よりも黒くなりましたw

f:id:actafool048:20191004010731j:image

 

しかも体だけ。

 

パンプアップもしっかりやって準備OK!

 

 

そうこうしているうちに自分の名前と番号がコールされました。

 

基本全部インドネシア語で進められるので

 

油断してると自分の出番逃しそうです。

 

小さい舞台とは言え

 

2-300人以上の観客の前に出るなんて人生初。

f:id:actafool048:20191004011119j:image

 

にも関わらず不思議と緊張はありませんでした。

 

おそらくポージングに集中していたので

 

緊張するほど心に余裕がなかったんだと思います。

 

(私は余計なことを考える余裕があるほど緊張し易いようです)

 

ステージでは司会者にめっちゃイジられましたw

 

コニチワ連発されて会場も盛り上がってました。

 

友達も国旗持参の応援だったので、

 

会場でも目立ちまくり。

 

あっという間に自分の出番を終え、

 

舞台から降りて友達と雑談しながら結果を待ちました。

 

 

おそらく1時間以上待たされたと思います。

 

結果は予選通過でした。

 

105人→30人

 

これは予想通りというか、

 

周りの体を見ても、正直そりゃそうだろうと思っていました。

 

それぐらい自信ありましたし。

 

しかし、その後すぐに第2審査続行!

 

パンプアップの準備も出来ずにすぐにステージへ。

 

またここでもポージングをするんですが、

 

この時すでに体中攣りそうでした。

 

やはり、水分をあまりとっていないので

 

攣り易くなっていたんだと思います。

 

なんとか耐え切って出番終了。

 

ファイナリストは結構すぐ発表されました。

 

ファイナリスト15人に

 

名前呼ばれず…。

 

まぁ初回だしこんなもんか。

 

と思っていたら、ファイナリストの最後の1人が

 

名前を呼ばれているのに出てこず

 

なんと繰り上げ合格となりました!

 

多分、友達の応援効果も大きかったと思います😂

 

最終審査では日本でのコンテストみたいに

 

審査員が気になる数人をピックアップして

 

改めてポージングさせます。

 

ここでピックアップされると

 

上位の可能性が高まるんですが

 

残念ながら呼ばれず…🤦‍♂️

 

そして最終的な順位は105人中13位となりました。

 

正直、今回は調整不足と経験不足があったので

 

妥当な順位だと思います。

 

今回参加してみて感じたのは

 

応援に来てくれた友達に感謝って事でした。

 

1人だったらカラーリングなんて出来なかっただろうし

 

何より精神的に支えられたので

 

ステージ上でも結構楽しめました。

 

結果は満足いくものではなかったので

 

また機会があれば再チャレンジしてみたいと思います。

f:id:actafool048:20191004012449j:image