移住のススメ

インドネシア駐在中の30代♂です。本業の傍ら細々と個人でも商売やってます。インドネシアでの生活を発信していくことで日本からの移住者のハードルを下げる努力をしています。インドネシア、住めば都でいいところ。

杜撰な公共事業のシワ寄せは市民へ。

f:id:actafool048:20191120001853p:image

今日は朝から「さすがインドネシア」と思わされました。

朝起きて顔洗おうと蛇口ひねってもちょろちょろしか出てこず

「支払い忘れてたかなー」とか思いながら

歯磨きだけはウォーターサーバーの水で済まして会社へ向かいました。

それで会社の流し台で顔を洗おうと思ったら

会社でも水ちょろちょろ状態。

まさかと思ってメールをチェックしてみると、

工業団地管理会社からの連絡網で

断水のお知らせメールがありました。

その理由が

ジャカルターバンドン鉄道建設工事の際に、

クレーンがパイプに当たったことにより水が止まった”

とのこと。

工事が杜撰過ぎる。

つい1-2か月前は工業団地一帯で停電になったんですが

その時の理由も

“道路工事で電線掘り起こしちゃったテヘペロ

とかでしたからね。

 

幸い、今回の断水も

午前中には復旧予定という情報もあるので

(信用できるのかは不明)

帰る頃にはいつも通り水を使えるようになっているはず。

 

他の在住ブロガーの方も言っていますが

インドネシア(というか東南アジア?)の水道事情は

いまだに良くないです。

 

よく皮肉的な感じで

「日本は水道水が飲める」キリッ

「他の国でも~」

が1セットで言われたりしますが

 

東南アジアだったら現在進行形で水は飲めません。

 

もちろん例外はありますよ。

 

われらがチカラン地区の

「ジャバベカ」というエリアでは

浄水施設がしっかりしているのか

某日本企業が蛇口から出る水の水質検査をしたところ

「飲用可」のお墨付きが出たそうです。

※隣接するリッポチカランとは別の浄水施設のようです。

 

かといって、蛇口から出た水を飲めるか

と言われると躊躇しますが…。

いきなりステーキがジャカルタに?

ジャカルタにもいきなりステーキのような

グラム数申告制のステーキ屋がありました。

 

場所は日本人街として有名なブロックM近くにあります。

店の名前は“J-Steak”。

店内やメニューなどに日本語が使われていたり

あたかも日本人経営っぽいですが

どうやら “Didiet Maulana”という

インドネシア人ファッションデザイナーがオーナーのようです。

ネットの記事を読むと

「日本のステーキショップに委任されて経営している」

みたいなことが書いてあったので

日本のいきなりステーキと正式に協力してやっているのではと思います。

www.fimela.com

(間違ってたらごめんなさい)

 

まぁ、誰が経営してようが関係ない。

一言。

ここはオススメです。

今回私は350gをオーダーしたのですが

1gあたりRp. 475(約3.65円)でしたので

Rp. 166,250(約1,278円)です!

f:id:actafool048:20191118180241j:image

それでこのボリュームですよ?

ジャカルタですよ?

ソースもめっちゃおいしいんですよ?

これは価格破壊というか、

周囲の店に喧嘩売ってるようなもんですよね。

 

店内はテーブル席がなく、

全席スツールのような足の長いイスだけで

狭いスペースでできるだけ人が入れるようにしています。

悪い言い方をすれば少々落ち着かないかもしれませんが

「ステーキなんて落ち着いて食うもんじゃねぇ。

パッと食って、サッと出るんだよ!」っていう

忙しいビジネスマンにはちょうどいい店です。

f:id:actafool048:20191118175601j:image

 

350gって案外あっという間に食べれてしまうので
次回行くときは500gとかチャレンジしてみたいです。

500g頼んでもRp. 237,500(約1,800円)ですからね。

2,000円超えてないってすごい…。

 

こういう優良店はいろんな人に知ってもらって

競争激しいジャカルタで今後も生き残ってほしいものです。

 

そしていつかはチカラン地区にも出店してもらえれば

常連になること間違いなし!

 

みんなでEat Meat!

日本の芸能界の東南アジア進出って。

f:id:actafool048:20191114000705p:image

今更感ありますが、

ジャカルタにジャニーズのグループの

嵐が来てたらしいです。

吉本新喜劇ジャカルタで公演があるらしく

なにやら日本の芸能界も

東南アジア戦略をまともに考え出したのかなという感じがします。

(前からやっていたのであれば私が無知なだけです。ごめんなさい)

でもね

この辺りは韓国にだいぶ先行かれてますね。

韓流アイドルなんてだいぶ前から

こっちのメディアにガンガン出てたし、

YOUTUBEの広告なんて

韓流アイドルを起用したものばっかり。

名前なんて覚えられないくらい

色んなグループが熱心にプロモーションしています。

もちろん、日本の芸能も頑張っているようですが、

今のインドネシアで日本贔屓の若い子たちは

結構少なくなってきていると思います。

いてもちょっと垢抜けてない子が多い印象です。

一方で、韓国贔屓の若い子は

流行に敏感って感じの子が多いように思います。

見方を変えれば、

日本は一過性の流行ではなく

一種のスタンダード的ポジションに落ち着いた

という捉え方もできるかもしれません。

が!

そうだとしても、日本の芸能も

もっと東南アジア戦略を

強化してもいいんじゃないかと思います。

年々所得も上がっていますし

(政府主導の賃上げなのでちょっと微妙ですが)

今も今後も十分「お客様」になり得る国です。

ただ、お笑いに関しては難しいんだろうなぁ

その国独自の笑いのツボってあるだろうし。

アンジャッシュのすれ違いネタみたいのだったら

いろんな国でやれそうだからきっと面白いでしょうね。

インドネシア語だと、

語彙が少ないということが

上手くいくのか或いは難しくなるのかわかりませんが。

 

本日はいつも以上に

まとまりのない文章でした。

そうです。

書くネタが無かったんです。

スカイガーデン閉鎖って、どゆこと〜?

またまたバリのお話しです。

今回はサクッと。

f:id:actafool048:20191114002024j:image

「いや、スカイガーデン閉鎖って

どゆこと〜?」

いきなりタイトル回収です。

スカイガーデンとはバリ島の名物ナイトクラブでして

もうなかなかの老舗です。

私も約10年前の大学生時代に

旅行でバリに来ましたが

その当時からかなり有名でした。

 

それが、今回の旅行で初めて知ったんですが

今年の8月から閉鎖させられていたようです。

 

おいおい

 

外貨獲得する気ないんか?

バリ島の役人どもよ。

 

おかげで、

いつも夜は観光客で賑わっているレギャン通りが

すっかすかのすかんぴん。

マジで人居なすぎて不安になるレベル。

バリ島に来たことがある人なら

「ブルーバードタクシー拾い放題」と言えば

事態が一体どれほど深刻なのかが想像つくと思います…。

 

スカイガーデンよ、

蘇ってくれ。

また我々を楽しませてくれ…!

アーメン。

ジム遠征のススメ part 2 in Bali。

引き続きバリ島ネタです。

トレーニーたるもの、

旅行先でもジムへ行くべし!

という事で、土日だけの旅行とは言え

バリ島でもトレーニングしてました。

今回は、最近新しく盛り上がってきている地域の

チャングーというエリアに宿を決めていたので

その周辺で探してみました。

奇遇な事に宿泊先から歩いて5分の距離に

Googleマップでの評価も高いジムがあったので

そこにビジターとして行ってみました。

このジム

素晴らしい。

f:id:actafool048:20191113004147j:image

f:id:actafool048:20191113004113j:image

何が素晴らしいって、

カフェが併設されているからです。

f:id:actafool048:20191113002901j:image

このカフェではプロテインシェイクは当然の事、

栄養バランスをしっかり考えられた軽食も用意されているので

安心して食事を摂れます。

f:id:actafool048:20191113002829j:image

f:id:actafool048:20191113004215j:image

f:id:actafool048:20191113004232j:image

旅行中って、うっかりジャンクフード食べ過ぎてしまうので

合間合間にこういうヘルシーで

栄養もしっかり摂れる食事というのは貴重です。

ジムの中も清潔で、

一通りのトレーニングをするには

十分過ぎるくらいの設備です。

マシン、フリーウェイト、クロスフィット

なんでもできる!

ごめんなさい、写真がないので

気になる方はGoogle マップの投稿写真を見てみてください。

レーニングベルトなんかも揃っているので

旅行中は流石にベルトを持ってきていないという方でも

ベルトを借りて思いっきりスクワットで追い込めます!

私もちょうどこの日が脚トレの日だったので

ベルト借りてガッツリしゃがんできました!

ナイスリフト!

客層は地域柄、白人系ばっかりです。

アジア人はスタッフを除くと私だけ。

これだけしっかりしたジムであれば

外国人にもすんなりと受け入れられるのは当然ですね。

気になる利用料金ですがやはりちょっと高めです。

1日の利用だとRp. 250,000(約1,900円)で

1週間だとRp. 800,000(約6,150円)、

1ヶ月であれば割安でRp. 1,280,000(9,800円)!

なかなかの値段設定ですが、

これくらいでも納得の環境でした!

星3つです!

バーガーハンター part 2。

先日の予告通り、バリ島に遊びに行ってきました。

土日のたった2日だけど、やっぱバリ最高。

幸運なことに2日間とも雨は降らず!

 

そんで今回は、私がバリに来た時

必ず食べるバーガーをご紹介します!

前に日本一時帰国時の記事で書いたところですね。

 

www.iju-no-susume.com

 

f:id:actafool048:20191109192939j:image

店の名前は"BOSS MAN"。

バリのスミニャックスクエアすぐ近くにあります。

確か去年(?)にはレギャン通り店も出来ています。

私がいつもここで頼むのは

店のシグネチャーバーガーである

"Original Gangsta"です。

f:id:actafool048:20191112002344j:image
f:id:actafool048:20191112002339j:image

名前の時点でなかなかですよね。

他にもいくつかメニューがありますが

ダントツでこれがうまいです。

1つRp. 95,000(約730円)という

日本で考えても安くない金額ですが

一食の価値ありです。

ボリューム満点のハンバーガーなので

私は上からバーガーを押しつぶしてから

かぶりつきます。

口の周りや手を豪快にソースで汚しながら食べるのが醍醐味。

この店は常にInstagramで熱心なプロモーションをしています。

店のスタッフも黒と金でキメたユニフォームが

ハード感を演出しています。

f:id:actafool048:20191112002424j:image

バーガーは当然美味しいですが、

こう言うブランディング活動も抜かりなく行なっているところが

激戦区バリ島・スミニャックエリアで生き抜く秘訣でしょうね。

今までバリ島のいろんなところのハンバーガーを

少なくとも8店程食べましたが、

ここが結局未だにNo.1です。

私にとって。

 

皆さんもバリ島に来た時には

ぜひお試しあれ。

パワハラで賠償1,500万円⁈

f:id:actafool048:20191108014115p:image
今日、ご近所さんからこんな話を聞きました。

 

忙しい人の為に

3行で。

 

「とある会社の日本人上司によるパワハラ

警察に訴え出たローカルスタッフがいたようで

示談金で1,500万円相当を支払ったらしい。」

 

いやー、怖いっすな。

事の詳細は次のようなものらしいです。

 

とある日本企業で働く日本人駐在員(Aさん)が 

ローカルスタッフ(Bさん)に書類作成の仕事を頼んでいたようです。

書類作成が完了したBさんが

日本人上司Aさんに提出しました。

ところがその書類は指示した通りになっておらず

Bさんへ投げるように突き返したところ

Bさんはプライドを傷付けられた為か、

これをパワハラとして警察に届け出たようです。

この訴えを聞いた警察も

この会社が名の知れた会社である事を知って

当初Bさんが考えていた示談金よりも多い

1,500万円を要求してはどうか、と提案したようです。

この状況を聞きつけたAさんは

捕まっては困る、と

急いでインドネシアを出国したそうです。

しかしそれでは収まらず、

警察は

「Aがいないのなら、この会社の責任者を逮捕する」

と主張し、どうしょうもなくなってしまった会社は

仕方なく言い分通りに1,500万円相当の示談金を支払ったそうです。

 

これは大変ですよ!

何が大変って、これが前例になって

「こういう事例で金が取れる」ということが

チカラン、ブカシ、カラワン圏内の会社に知れ渡った場合

似たような事を起こそうとする

バカモノが出てくる可能性があるということ。

 

まぁ決してこのAさんの行動に

全く非がないかと言われれば微妙ですし、

日本で起こった場合でも

同じようにパワハラととられても

仕方ないと思います。

 

東南アジアでの仕事術を書いた本なんかでは

「現地人のプライドを傷付けると

復讐をされるから

人前で叱るような事をしてはいけない」

と、書かれているのをよく目にします。

 

確かにこれは現地でも色んな人が言いますし

自分も来イ当時は気を付けていました。

当時はインドネシア語のスキルが

自分の感情についていかない部分があり

「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ状態」でも

我慢するしかなかったわけです。

でも4年、5年と過ごしていると

言語が堪能になるにつれて

頭の中の辞書を開く前に

言語が口をついて出てきてしまうんです。

そうして出た言葉には冷静ではない感情が上乗せされていますので

うっかりNGな言葉になっていたりします。

 

これは現地生活が長くなってきて

初めて起こるモノだと思うので

ある種、長期滞在の弊害とでも言いましょうか。

 

つまり、言語も堪能になる程

やりとりが難しくなる部分もあるんだなぁ

というところです。

 

この記事を読んだ皆さん、

働いている方であれば

こういう事例が起こらないよう

気を付けてください。

旦那様を支える奥様方、

是非こちらの情報をシェアして頂き

転ばぬ先の杖として

ローカルスタッフとの接し方について

改めて注意を促して下さい。

 

それでは皆さん、ご安全に!