移住のススメ

日系企業にてインドネシア駐在中の30代男です。本業の傍ら細々と個人でも商売やってます。インドネシアでの生活を発信しています。インドネシア、住めば都でいいところ。

紹介したいインドネシアのタンパク源。

最近みんな在宅なので

体型が意図してない方向に変わってきている人が多いと思います。

私も住む地域もジムが再開されたので

只今絶賛増量中です。

 

ボディビルやっている人以外

あえて増量するなんて人は少ないでしょう。

インドネシアでは基本、油を大量に使う料理が多いので

インドネシア料理を普段から食べている人は

うっかり脂質過多になりがち。

普通に生活していると

肥満体型になってしまう傾向があります。

インドネシアって健康的な食べ物ないの?ってなると

毎回と言っていいほど話に挙がるのが

テンペですね。

テンペは大豆を原料として製造されている発酵食品で

世界的にも注目されている食品の一つです。

 

ただ少し待ってほしい。

「テンペ食べておけば健康」というのは

ちょっと安直すぎるかも。

kawashima-ya.jp

テンペ100g中のマクロ栄養素はこちら。

P:15.8g

F:9g

C:15.4g

calorie.slism.jp

 

大豆は一般的に高タンパクな食品として知られています。

最近ではベジタリアンやヴィーガンの為の

代替肉の原料としても使われています。

しかしそこはやはり豆。

炭水化物量もなかなかです。

肉との大きな違いはここですね。

その上、けっこう脂質もあります。

炭水化物は人間が活動するためのエネルギー源になりますが

過剰摂取をすると脂肪を創る部品として使われてしまいます。

ですので、タンパク源としてテンペを摂る場合は

主食のコメやその他炭水化物の摂取量に気を付けなければいけません。

 

やっぱりタンパク質は動物性のものから摂るのが

簡単だし効率がいいですよね。

じゃあインドネシアで摂る動物性タンパク質で

お薦めなのは何かというと

ズバリ“ティラピア”です。

(インドネシアでは“Ikan Nila(イカン ニラ)”という名前)

f:id:actafool048:20200809224405j:plain

ティラピアとは淡水に棲む魚で

高タンパクで癖がなく、調理に向いています。

栄養価こちら。

100g中

P:19.8g

F:5.3g

C:0.2g

そしてインドネシアのティラピアは海外にも輸出されていて

もちろん日本にも入ってきています。

有名なところでは、コストコで売られているティラピアも

インドネシアが原産です。

インドネシアでは生でも売られていますが、

私は冷凍のものを買っています。

必要な分だけ解凍してから使うので

多めに買って冷凍庫にストック。

ジャカルタに住んでいるなら

トコペディアなんかで

即日着Rp. 100,000/kgくらいで

買えるんじゃないかと。

 

当地の日系スーパーで買い物をする方であれば

“Dory Fish”という白身魚が売られているのを目にしたことがあると思いますが

あれは別物ですよ。

あれはナマズの一種で別名“パンガシウス”とか呼ばれていたりします。

(John Dory Fish(マトウダイ)と混同されることが多いようですがこれも別物です)

f:id:actafool048:20200809224532j:plain

"出典 http://www.toyoreizo.com/work/story_17.php"

とは言えパンガシウスも高タンパクで似たような感じですので

どちらでも好きな方でいいでしょうね。

この手の白身魚はフライや唐揚げ、

ムニエルなどにするとよく合います。

手元に白ワインの残りなんかあれば

アクアパッツァにしてもおいしいと思います。

いや、アルコールが高価なこの国においては

白ワインを料理に使うなんて以ての外って感じでしょうか…。

行きたい、南の島。

なにやらすっかり久しぶりになってしまった。

書くことも少ないので仕方ないよね。

8月に入ってまたちらほらと

インドネシアに戻ったという人が出てきました。

まだまだコロナ収まったという兆しもありませんが

過度に警戒しててもしょうがないですからね。

もう少しずつ緩めていくほかないでしょう。

 

先週の金曜なんかは国内のバリ島旅行解禁されて

早速4,000人がバリ島に行ったらしいです。

いいね、その図太さ😄

石田純一も沖縄じゃなくてバリ島来ればいいのに。

シャンパン🍾は日本より高いけど芸能人なら屁でもないでしょう。

(国外からの旅行客は9月から受け入れ予定だそうです)

 

今月は8月15日~17日が連休になっています。

(17日が独立記念日)

さらには20日がイスラムの祝日になっているので

ガッツリ休み取る余裕のある人は

15日から23日くらいまで休みとる人もいるかもしれません。

これは行きたい、南の島。

(首都ジャカルタ近郊から見るとバリ島は若干南なのです)

政府としてバリ島への観光許可出しちゃってますし

もう行ってもいいんじゃない?

しっかりできる限りの対策取られているようですし、

賑やかなとこなんてそもそもやってないでしょ。

注意すべきなのは空港と機内くらいのもんじゃないかと。

 

そこまでして行きたいか?と聞かれたら、

そこまでして行きたい!と答えたい。

 

もういい加減に自粛自粛ってうんざり😭

明日から連休!

明日から3連休!

あんまりうれしくないが!

許されるものならこの3連休でバリ島にでも行きたいもんだけど

バリ島に入島するにはガイドラインがあるそうです。

travel.detik.com

 

行けないわけではない。

記事によると“Lokalの観光客受け入れ”と書いているので

“国内からの”観光客、つまり外国人も含んだ国内移動での観光客は

入島可能のようです。

それから、事前に用意するものは14日間以内に行われた

ラピッドテストかPCRテストの陰性証明書だけのようです。

入島してからはスマホアプリの“LOVEBALI”をインストールして

常にGPSもONにしといてとの呼びかけもあるようです。

バリ島政府としては

「こんだけ準備したんだから来てくれ!」って感じでしょうか。

ただ在住日本人の観光客はなかなか行かないでしょうね。

行きたい観光スポットや行きたいカフェ・レストラン・ビーチクラブなどが

開いていない可能性がありますからね。

土産物屋だってやっているかわからない。

Google Mapでは“営業中”となっていても

実際にはしまってたり、既に閉業してしまっているとかも十分あり得る。

宿泊するホテルやヴィラでのんびりするというのもありですが

長期に亘る自粛期間で

自宅でのんびりするのに慣れてしまっているだろうから

わざわざバリ島で…って考える人は多いと思います。

 

ましてや多くの人が日本本社からの目があるだろうし

インドネシア国内での日本人社会も狭いですからね。

「○○さん、この前の連休でバリ島行ってたそうだよ」

なんて噂されちゃったらマズイって考える人は少なくないはず。

いや、もしかしたらみんな口に出さないだけで

既に結構外に出歩いているかも。

チカランでだってみんな外食してますからね。

そもそもレストランがオープンしてるんだし。

 

「3連休どこも行けなくてつらいよねー」

とか話してた矢先に

空港でばったり会ってしまった

とかあり得るかも。

アクティブケース減少中 in Indonesia。

インドネシアでのコロナアクティブケースが

鈍化してきてる!

これはもしや良い兆候なのか?

 

グラフを見ると7月14日前後から

アクティブケースの伸びが鈍化してきていますね。

f:id:actafool048:20200722234730p:image

"引用 https://www.worldometers.info/coronavirus/"

これはつまり、回復している人が増えてきているという事!

…或いは死者が増えているという事。

実際のところはどうなのか、

数字はどうなっているのか。

 

今月1日付でコロナウイルスから回復した人数は

31,471人でした。

合計感染者数は57,770人でしたので

合計感染者に対して回復した人の割合は

54%です。

一方で21日付の数字では回復した人数が

52,705人で合計感染者数は89,869人でしたので

回復した人の割合は

58.6%にまで上がっています!

 

致死率だって今月1日までは5%超えてましたが

今月9日以降は5%以下で推移しています。

いいぞいいぞ。

 

ただこれ、

自分で言っていることひっくり返すようですが

何か特別な治療法が確立した

とかいうわけではないので

単純に免疫力の高い人が

回復してきているだけであって

諸手を挙げて喜べるようなことは特に無い

っていうのが残念なところ。

回復した人がいるのは

非常に喜ばしいことではありますが

危機が去っているわけでは無い。

 

やはり重要なのは

新規感染者数の推移なのかな。

新規感染が少なくなれば

抑え込み成功みたいな。

なんで感染者減らないのか。

f:id:actafool048:20200720231850p:image

とうとう中国を超えましたね、

コロナ感染者数。

中国の出す統計というのは信用できないとは言いますが

もはや中国と比べてどうとかではなく

単純にインドネシア単体で見て

ヤバいなって感じですね。

 

特にここ最近のペースは凄まじいものがあります。

あと10日で8月になりますが、

最近は1,500人/dayがBiasa(ID語で普通という意味)

になってきているので

このままいくと8月なる前に

100,000人超えも夢じゃなさそうです。

 

なんでここまで蔓延しちゃうんですかね?

すごい不思議でしょうがない。

 

政府の対応としては

確かにお粗末の一言だと思いますが

個々のインドネシア人は

結構徹底しているように見えるんですが

どうなんでしょう?

 

実は先日、ジャカルタ在住の方で

日本帰国が決まり本を処分したい

という方がいました。

ですのでチカランから出張買取に伺ったとき、

ちょっとついでに近くのショッピングモールにも寄ったんです。

ジャカルタにはたくさんのショッピングモールがありますが

その中でも割とローカル寄りのモールでした。

 

そこのエレベーターを使用した時なんですが、

エレベーターの利用者は

新しい定員人数(通常の50%以下)も守っていたし

みんな壁を向いてエレベーターに乗っていました。

むしろ私だけ普通にドア側を向いていたので

「うわ、みんな気を付けてるな」という印象がありました。

 

消毒液だって至る所にあるし

何処かへ出入りするたびに

使うことを促されるから

うっかり忘れるようなこともない。

神経質な人は個人的に消毒液持ち歩いてるぐらい。

 

それなのになんでここまで広がっているのか謎過ぎる。

一体どこで広がっているのか?

伝統市場か?

あるいはやっぱりイスラム教おなじみの

集団祈祷が原因か?

手づかみ食が原因かも?

 

でもまぁ自分が普通に生活している圏内では

これと言って危なそうなところが見当たらないので

今のような生活をもうしばらく続けて

嵐が過ぎ去るのを待つのみ…。

蔓延の 片棒担いで スクワット。(五七五)

f:id:actafool048:20200716001009j:plain

日本は”GO TOキャンペーン”なるもので荒れているみたいですね。

なんでもコロナウイルス収束後に1.7兆円かけて

人の流れを創り出し、

地域経済の活性化を図るものだそうですが

そんなことしたらせっかく落ち着いて来た感染者数が

また爆増しちゃうんじゃないのか。

同じ金掛けるんだったら

ダイレクトに配っちゃったほうがいいんじゃないの?

金が無いから仕事しなきゃいけない訳で

金があるならわざわざ危険を冒してまで

仕事しないでしょう。

 

それにしてもこのGO TOキャンペーン、

なんか既視感のある政策だなと思ったら

そうだった。

ちょっと前にインドネシアやってましたね。

www.iju-no-susume.com

しかもその中身も結構似てますね。

旅行券最大半額とか

完全にインドネシアと同じ。

いやー先を行ってましたね、インドネシア。

これ結局どうなっちゃったんでしょうか。

その後の情報全くないんですが

自然消滅?

まぁ2-3月あたりはまだこんな状況になるなんて

思ってなかったでしょうから

ウイルスの危険性よりも

経済爆死の危険性に注目していたんですね。

でもこれ、今思えばやらなくてよかった。

多分、これやってたら

今よりも大変な状況になってたかもしれません。

私も危うくコロナウイルス蔓延の

片棒を担ぐところでした。

リアルとバーチャルの狭間。

Twitterを始めてみてからもう既に2ヵ月。

ようやく使い方が分かって来た。

ブログに書くほどのことではないし

友達に話したところで

オチもないような話ってのを

みんなこういうところで呟いているんだなと

今更ながらよくできたツールだなーと実感してます。

友達に対しても

他人に対しても

著名人に対しても

ダイレクトで絡みにいけるというのは

本当にすごい時代…🤨

 

ただ、よくわからないルールがあるのは

ちょっとめんどくさい。

ルールがあるというか

勝手に謎なルールを作っている人がいるのがめんどくさい。

 

TwitterってFacebookなんかと違って

実名を出していない人もバンバンいるから(自分含め)

リアルとバーチャルのちょうど中間みたいな感じがします。

だからこそネット上でのやり取りとは言え

全く知らない他人からのアクションに対して

少し戸惑ってしまう部分もあるのかもしれない。

 

私は誰かをフォローする時も

特に挨拶もなく”いいね”するのと同じ感覚でフォローしたりするのですが

もしかしたら相手にとっては

「え、誰こいつ...」

みたいな印象を与えてしまっているのかもしれませんね🤔

実際私も、Facebookの場合は

よく知らない人からの友達申請には

「え、誰?」

って思いますし。

 

私がTwitterに感じている印象とは違って

リアルとバーチャルの5:5ではなく

7:3くらいの感覚で使っている人にとっては

なんか知らない奴が勝手にグループに入って来た

みたいな感じになってるのかな。

 

そう考えると

気持ち悪い

という印象を与えてしまうことになるのも

理解できるような気がします。

 

でも私はオープンなスタンスでTwitterやっているので

このブログ読んで下さってる人は

是非気軽にフォローして下さい✊

なぜって、

ブログはコメント機能があるとは言え

なかなか他人のブログへコメントするのって

心理的にハードル高いじゃないですか?

反応がないから

読んでくれている人が本当に実在しているのか

疑問に思う時があります。

もちろん、ブログへの訪問者数とかがわかる機能はありますけど

「この数、本当か?」って感じします。

ブログって投げっぱなしですからね。

ですので少しでも反応が知りたい(切実)

カモン、反応。

せめてインドネシア在住の方だけでも。

こんな(コロナ蔓延の)状況下でも

インドネシアに居るんだから。

仲良くしようぜ。